pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツアー初日公演の越谷に行って来ました。

IMG_6251.jpg


座席の前が通路になっていて、おまけに隣も通路で、前を遮るものはなにもなくて、超良席でした❤
17:40…、真ん中のオブジェが半分になり中央からメンバーが登場。
舞台そでから登場するより盛り上がる!

1曲目「カーラジオ」で盛り上がったあと、「僕の踵はなかなか減らない」で既にテンションMAX!!!
今回のライブは“斉藤”と“ 和義”のニューアルバムを中心に、古い曲もやったりして、
すごく内容が濃かったです。

せっちゃんのゆる~いトークも健在。

「いぇ~い。ツアー初日ですよ。リハとかもちろんやってきたけど、初日なので多分、間違えると思うんですけど、え~っと、頑張りますよ。このツアーは半年続くってことで、今日の出来次第でこのツアーの成功がかかってくると思ってるので、とりあえず台風が避けてってくれたっつ~ことで、初日から雨だと気分悪いしね。あの~、まあ、ぼちぼちやります」

せっちゃんのトークは、ホントゆるくて力みがないし、カッコつけることもないので、すごく好き。
脱力系の「いぇ~い」とか、「あの~」とか、「え~っと」とか、「え~」「あ~」が多い。w
なのに、歌わせるとすごくロック!
そのギャップがまたいいんだよね。

でも、「天使の猫」はメロディがすごく綺麗で、いろいろ自分と重なって泣いてしまった。

今回、下ネタ系のトークは少なくて、
「隣がラブホで、スタッフが言ってたんだけど、お風呂場の影が見えるらしくて、女の人が男の人の股間をいきなり洗って、あれはプロだなって、越谷にもいるんだって思ったら、わくわくしてね。まあ、呼びはしないけどね」くらいでした。

アンコールの「ずっと好きだった」は、なぜか豊夢君じゃなくて、せっちゃんがドラムの席に。
豊夢君はギターを抱えて登場。
ちょっと弾いて、止めました。
「僕、ギター弾けないんですよ。斉藤さんがドラム叩きながら歌おうかなって言うから…。でも、公演が終わる頃には弾けるようになってればいいかなあ」みたいなこと言ってました。
せっちゃんは、「ドラムのあとに、ギターは弾きたくないんだよね」と言いながら、手をぶらぶら。
「ちょっと水飲ませて」と。

そして、名曲、「歌うたいのバラッド」、最後は「歩いて帰ろう」で〆でした。

いやあ、楽しいライブでした。たまアリの20周年ライブより楽しかったです。
次のせっちゃんは、12月に群馬に遠征です。
これまた楽しみ❤

本日のBGM≫斉藤和義 [かげろう]
せば。ヾ(*'-'*))
15:01.......
スポンサーサイト
斉藤のデビュー20周年を記念して、神戸と埼玉で計3公演実施されたこのライブでは、新旧の代表曲の数々を多数披露。最終公演となったこの日のライブも「ずっと好きだった」から勢いよくスタートし、斉藤は約1万7000人が集まった会場を見渡しながら「すごいね、この眺め。俺って意外と人気あるんですね(笑)」と言って、観客の笑いを誘った。

IMG_6243.jpg

ライブ中盤では1993年のデビュー曲「僕の見たビートルズはTVの中」をはじめ、90年代の楽曲を多数演奏。「歌うたいのバラッド」で前半のピークを迎えると、その後は勢いのあるロックナンバーが続いた。そして大ヒット曲「やさしくなりたい」では会場中から大歓声が上がり、「Hello! Everybody!」では斉藤がTHE ROLLING STONESばりのギタープレイを披露し観客を煽る。最後は「ベリーベリーストロング ~アイネクライネ~」で盛り上がりが最高潮に達し、2時間半近くにおよぶライブ本編が終了した。

観客がアンコールを待つ間、ステージ上のスクリーンには来場者や斉藤とゆかりのあるアーティストからのメッセージ映像が上映される。中でも吉井和哉、中村達也、木村カエラの映像が映し出されると、客席からは大きな歓声が沸き起こった。映像上映が終わると同時に、今度は斉藤がアリーナ後方から歩いて登場。そのままアリーナ中央のミニステージに移動し、せり上がったステージ上で弾き語りライブをスタートさせた。この日は「アゲハ」「やわらかな日」「彼女は言った」「月光」の4曲を歌唱。1曲歌い終えるたびにマイクの向きをステージ下手、上手、後方と変えていく斉藤は、「なかなかの恥ずかしさなんですけど。あんまり見ないでください」と言って観客を笑わせた。

ここで彼から観客に向けて重大な発表が告げられる。10月23日にリリースされる2枚のオリジナルアルバムのタイトルが「斉藤」と「和義」になったことがスクリーンを通じてアナウンスされると、客席からは笑い声と大きな拍手が鳴り響いた。斉藤は「アルバムタイトルはちょっと悩んでいて、最初は『右チクビ』『左チクビ』とか『右ニップレス』『左ニップレス』にしようと思ってたんだけど、それだとお客さんが買いにくいと思ったので(笑)。タイトルを考えるのがもうイヤになって、2枚合わせて『斉藤』『和義』ってことで」と、このタイトルになった理由を冗談まじりに説明した。

弾き語りを終えて再びメインステージに戻った斉藤は「いやあ、ヘトヘトですわ(笑)」と本音を漏らすも、ピアノの前に座り「君の顔が好きだ」を演奏し始める。そして新曲「Always」や「月影」を経て、約3時間半におよぶライブを締めくくる1曲「歩いて帰ろう」を観客と合唱してステージを降りた。

IMG_6244.jpg

なおニューアルバム「斉藤」「和義」について、斉藤は「『斉藤』には『やさしくなりたい』以降のシングル(表題曲)やカップリング曲、あと(他アーティストに提供した楽曲の)セルフカバーをまとめて、『和義』には今年に入ってから作った曲を入れてます。特に『和義』はほかのアーティストさんとのコラボ曲が多くて、ライブのバンドメンバーや(The Birthdayの)チバ(ユウスケ)くんとかと曲を作りました」と説明。この2作品を引っさげて、10月からは半年にわたる過去最長の全国ツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2013-2014」もスタートする。

ナタリーより抜粋
...... 昨日のの疲れも取れぬままの日曜日の午後を過ごしております...o(_ _*)o

イエ~イ。
ようこそです~ぅ。
ツアー初日ということで、これから(来年の)3月31日までやっていくわけですが、毎回のことながら初日はどきどきしますよね。リハは、いっぱいやってきたんですが、それが当たっていたかどうかは皆さんのノリ次第なんで、どうか暖かく見守ってください。決して、ライブの粗を探したり、「あそこ歌詞間違ってたよね~」とか、つぶやかない(ツィートしない)でくださいね。へへへ(笑)

20111105.jpg

Guitar 辻村豪文(キセル)
Guitar 藤井謙二(The Birthday)
Drums 玉田豊夢
Bass 隅倉弘至
Vocal & Guitar & Drums & Piano 斉藤和義

昨日のライブのメンバーはこんな感じでした。エマーソンさんがいなかったのが寂しかったけど、それを感じさせない以上のことをせっちゃんがやってくれました。
「映画監督」~「虹が消えるまで」はメンバーの姿はなく、せっちゃん、ソロでピアノやアコギで歌って、「虹が消えるまで」からの「歌うたいのバラッド」では途中までアコギで歌っていて、あとからバンドが入ってきて、どう書けばよいのかわたしのボキャブラリーでは上手く表現できないのだけど、本当に素晴らしい構成でした。今まで、何度となく歌うたいは聴いてきたけど、昨日ほど鳥肌の立った歌うたいはなかったですね。今までで一番の歌うたいでした。

歌うたいを知ってる人は知ってるんのですが、ラストのギター演奏がものすごく長いんですよね。なので、1曲が8分だか9分くらいあるのです。でも、あの歌うたいの時のギターかきならすせっちゃんが、一番カッコよい。エッチな表現になっちゃうけど、なんかね、せっちゃんがマスター●゛ーション(突っ込み無しで)してるように見えるんですよね。でも、ある意味そうなのかも・・・とも思ったり。じゃなかったらあんな風に弾けないもの(と思うのですが、どうでしょう?)。それは毎回思う。

そして、わたしの大好きな曲、「虹」では、なんと豊夢くんとのツインドラム ドラムの叩き合いが超カッコよかったです。まるでバトルのよう。わたしのテンションもマックスです。せっちゃんもかなり楽しそうに叩いてましたね

... さいたま文化センターは南浦和から結構歩いて、お昼前から活動してたので、足の裏の皮が薄くて、靴擦れならず水ぶくれが出来たみたいで、それがすごく痛くて...。で、歩きながらなんか来たことある道だなあ、デジャヴかな?って思ったら、数年前、Spitzのライブでももちゃんと来たことのある会場でした。なので、会場前とか懐かしかったYO

アンコールでは、「ドレミの歌」をみんなで大合唱。これは本当に歌ってて楽しかった 大きな声で歌うって気持ちよいものなのですね。懐かしい曲もあり、久々に聴いた歌うたいのバラッドでは鳥肌たち~ので虹ではテンションマックスで、ホントに楽しいライブでした。
時間が昨日の今に戻って欲しい。次は来年2月の武道館なのですが、その前でも後でもいいけど、もう一度ホールでのライブに参戦したいなあ。ちなみに、昨日の席はPAの後ろの後ろの席だったのでセトリが丸見えでした。で、PA担当の人がその歌詞の間にいろいろ書き込みしたりね。次やる曲分かっちゃうのは、それはそれでそれなりの準備ができるので(笑)楽しかったです。

この疲れを引きずりながら明日、仕事始め~の、夜、再び怒髪ライブです。今週持つのかなあ、わたし。でも、ライブ行くために働いて、働くためにライブ行くって~のが最近のモットーです。なので、きっと頑張れるわたし。

本日のBGM≫怒髪天 [情熱のストーレート]
せば。ヾ(*'-'*))
16:19.......
金曜日、せっちゃんのライブに行ってきました 。12月末の大阪城ホール以来のせっちゃんで、半年に渡る「月が昇ればツアー」のわたし的ファイナルでもあります。
今回のこのツアー、戸田2DAYS、水戸、大阪、そして武道館、5回参戦できて、どれもよかったけれど、印象深いのはやっぱり水戸ライトハウスかな。べろんべろんに触れたしね。

もちろん、武道館もよかったです。マイケルのおかげでアリーナのAブロックという良席で見ることができました。結構近かったです。アンコールでは、今度、CMで流れることが決まった新曲も披露してくれました。
「何のCMかってあまり言っちゃいけないらしくって・・。でも、言ったらどうなるんすかね。いいと思うんですけどね。某SS堂のCMなんですけど、結構流れる(TVで)らしいです」 なるほど、資生堂か。
せっちゃんは、今上映されている映画「ゴールデンスランバー」のインストの曲も手がけているのだけれど、その中から「逃亡のテーマ」という曲を演奏してくれて、この曲すごいカッコよかった。せっちゃんのギターはまじやばいです。魅せられちゃう

次のせっちゃんは、3月末の赤坂BLITZでのFCのイベントになります。楽しみ☆・゚:*(人´?`*)

本日のBGM≫なし
へば。ヾ(*'-'*))
18:11.......
歩き疲れて足が棒のよう。せっちゃん好きだけどお家が一番だな。 夕べはやっぱり猫たちが心配で・・。ライブのオープニング、わたしの大好きな「虹」って曲で、歌詞の中に猫が出てくるんだけど、演出で白猫の影絵が出てきて、思わず涙しちゃいました。ご飯の心配はないのだけれど、相方はふうちゃんにインスリン打てないので、泊まりの遠征は(なるべく)止めようと思いました。

ああ、でも楽しかった。まだ、余韻引きずってます。☆・゚:*(人´?`*)

せ「こんにちは。やあ・・、この日がきましたね。楽しみにしてました。城ホールは、イベントではちょこちょこ出てましたけど、弾き語りではもちろん初めてだし、ワンマンでやるのも99年にやってぶりなので、ちょうど10年ぶりってことで、まあ、あの、あれですね。ご覧の通りひとりぼっちなので、みんな、助けてくださいね。最後までヨロシク♪」

せ「昨日から来ましてね、あの、あれですよ。ま、あの、やっぱひとりでやるってことでね、なかなかドキドキしてたんですよね。で、4、5日オナニーするの忘れててですね、なんか忘れてるなって思って、昨日、抜いときましたん♪今日は、非常にすっきりとしております」
会場「よかったね!」
せ「よかったねって言われても、えへへ。よかったすっよ。ちなみに、週刊現代のエロ小説でやりましたけど」

こんな感じのMCから始まりました。せっちゃん、相変わらずなんて爽やかなの って感じでした。

749115583_57.jpg 749115583_93.jpg 749115583_162.jpg

http://www.sanspo.com/geino/news/091227/gnj0912271010009-n1.htm
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/12/27/13.html

明日は今年最後のライブ、吉井武道館です。毎年恒例なのに、なかなかチケットがget出来なくて半ば諦めていたので、かなりの天井席だけど、行けることがすごく嬉しい。叫んでくるぞ!T!M!P!
斉藤和義 ライブツアー2009≫2010 "月が昇れば"
2009.11.22 in 水戸ライトハウス

01.COME ON!
02.LOVE &PEACE
03.すっぱいぶどう
04.スナフキン・ソング
05.ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
06.やぁ 無情
07.映画監督
08.愛の灯
09.Summer Days
  <ゴールデン・スランバー(ビートルズのカバーをサクっと)>
10.後悔シャッフル
11.Phoenix
12.月影
13.Bitch!
14.Mojo Life
15.I Love Me
16.社会生活不適合者
17.彼女は言った(アレンジver.)
18.歩いて帰ろう
19.ハローグッバイ
091122_1700~01

EN20.歌うたいのバラッド
EN21.ベリーベリーストロング?アイネクライネ?
EN22.天国の月
091122_1954~01

EN23.アンコール
....fin
斉藤和義 ライブツアー2009≫2010 "月が昇れば"
2009.10.04 in 戸田市文化会館

IMG_5775.jpg 091004_1639~01 IMG_5773.jpg

01.COME ON!
02.LOVE&PEACE
03.ロケット
04.スナフキンソング
05.ドント・ウォリー・ビー・ハッピー
06.やぁ 無情
07.映画監督
08.愛の灯
09.例えば君の事
10.後悔シャッフル
11.ぼくらのルール
12.天国の月
13.Phoenix
14.月影
15.Summer Days
16.Bitch!
17.Mojo Life
18.虹
19.ウナナナ
20.歩いて帰ろう
21.ハローグッバイ

EN1
22.歌うたいのバラット
23.ベリーベリーストロング
EN2
24.キミの顔が好きだ
25.アンコール

13:25.......
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。