pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナタリーより...。

吉井和哉が昨日12月28日、東京・日本武道館にてワンマンライブ「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」を開催した。

news_xlarge_yoshiikazuya_live141228_01.jpg news_xlarge_yoshiikazuya_live141228_05.jpg news_xlarge_yoshiikazuya_live141228_04.jpg

吉井にとって2年ぶりの日本武道館公演となった今回は、場内のすべての座席を使用した全方位型で実施。吉井は360度を約1万3000人の観客に囲まれながら、約2時間半にわたる熱いステージを繰り広げた。また終演後には場内のスクリーンにてニューアルバム(タイトル未定)のリリースと全国ツアーのスケジュールが発表され、集まったファンを喜ばせた。

吉井和哉バンドメンバーの日下部正則(G)、吉田佳史(Dr / TRICERATOPS)、三浦淳悟(B / ペトロールズ)、鶴谷崇(Key)が登場し「SPINNING TOE HOLD」で場内を温めると、悠々とした足取りで吉井が現れ客席から盛大な歓声が起こる。彼は「ヨシー・ファンクJr.! 武道館!」と叫び、赤い照明のもとで美空ひばり「真赤な太陽」を色気ある声で歌い出した。直後には妖艶なムードを打ち破るかのように、ステージから左右に伸びた花道を駆けながら「WEEKENDER」でエネルギッシュなパフォーマンスを展開。曲中に「今年も1年お疲れさまでした!」と呼びかけ、場内にアットホームな空気を作り出した。

初めのMCでは「今回は『ヨシー・ファンクJr.編』といたしまして、子供の頃からずっと慣れ親しんできた楽曲を中心にやっていきたいと思います」とこの日の趣旨が語られる。宣言通り、その後も11月にリリースされたカバーアルバム「ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~」の収録曲が続々と演奏されていった。また中盤では弦楽隊が参加した形で「百合コレクション」「人形の家」「シュレッダー」が届けられる。中でも「人形の家」では吉井の鬼気迫るボーカルが客席を圧倒し、観客は身じろぎもせずに聴き入った。

吉井和哉「今までやってきたどの音楽も吉井和哉の血肉になってます。この『MUSIC』も君たちの血肉になりますように!」というメッセージが添えられた「MUSIC」からはオリジナル曲の連続に。吉井は「点描のしくみ」でタンバリンを激しく打ち鳴らし、「ビルマニア」で匍匐前進をしたりマイクスタンドを掲げてシンガロングを煽ったりと、クライマックスに向けてライブの勢いを加速させていく。そして最後はバンドメンバーによる「SPINNING TOE HOLD」を背に、ハンドクラップしながらステージを降りた。

アンコールでは「襟裳岬」を、レコーディングにも参加した八千代少年少女合唱団、福島県伊達市立伊達東小学校の生徒とともに合唱。総勢40名の少年少女の素朴な歌声が武道館を温かな空気で包み、客席からはワンコーラスが終わるたびに拍手が湧き起こった。合唱団を見送ると、吉井はアコギをかき鳴らしながら古巣である日本コロムビアへ帰ってきたことを話し出す。そして日本コロムビアが誇る“ブギの女王”笠置シヅ子へのリスペクトを表しつつ、「東京ブギウギ」を楽しそうに弾き語った。そのまま「アバンギャルドで行こうよ」に突入すると、オーディエンスの興奮度は急上昇。続く「SUCK OF LIFE」がさらに拍車をかけ、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。バックバンドの“ナポリタンズ”メンバーを1人ひとり紹介した「FINAL COUNTDOWN」で吉井は「それでは皆さん、我々と一緒に年納め、素晴らしい2015年を迎えましょう!」と語りかける。1月28日発売のシングルの表題曲「クリア」では序盤で失敗し2度ほどやり直すという事態で観客の笑いを誘いつつ、ゴスペル隊を加えた迫力あるアンサンブルでライブを大団円へと導いた。

ダブルアンコールではロングコートにハットという、全身黒ずくめのスタイルで登場した吉井。「クリア」のカップリング曲「ボンボヤージ」を演奏する前に楽曲に込めた思いを述べ、旅立ちをつづった同曲を朗々と響かせる。全23曲を終えると、バンドメンバーと肩を組んで観客へ何度も挨拶し、笑顔のまま舞台をあとにした。
スポンサーサイト
http://natalie.mu/music/news/105282

news_large_IMG_3863.jpg   news_large_IMG_3894_main.jpg   news_large_IMG_1312_sub.jpg



吉井和哉「10th Anniversary YOSHII LOVINSON SUPER LIVE」
2013年12月7日(土)さいたまスーパーアリーナ

SE. AT THE BLACK HOLE
01. 20 GO
02. PHOENIX
03. 黄金バッド
04. JUST A LITTLE DAY
05. WANTED AND SHEEP
06. RAINBOW
07. CALL ME
08. SADE JOPLIN
09. FALLIN' FALLIN'
10. SPIRIT'S COMING (GET OUT I LOVE ROLLING STONES)
11. NATURALLY
12. 欲望
13. 煩悩コントロール
14. 恋の花
15. SWEET CANDY RAIN
16. TALI
17. FOR ME NOW
18. MUDDY WATER
19. 点描のしくみ
20. ビルマニア
21. WHAT TIME

en

22. BLOW UP CHILDREN
23. ノーパン
24. ルビー
25. ALL BY LOVE
26. トブヨウニ
遅らばせながら、今日、渋谷でパンドラを観て来ました。
PUNCH DRUNKARD TOURは、わたしがTHE YELLOW MONKEYのファンになる2、3年前のこと。
今更ながら、せめて、あと2年前にTHE YELLOW MONKEYの存在を知ってればと思いました。

実際、ファンになってから、CD、ビデオを集め、一番好きなビデオが、
PUNCH DRUNKARD TOURのファイナル、横アリの3.10のビデオで、
ライブをしてる吉井さんが楽しそうで楽しそうで、擦り切れるんじゃないかってくらい観ました。

だけど、映画を観た感想は…

PUNCH DRUNKARD TOURはやるべきツアーではなかったんじゃないかってこと。

このツアーをやってなかったら、THE YELLOW MONKEYは解散してなかったかもしれない。
そう思ったのは、わたしだけかな。

本日のBGM≫キセル [くちなしの丘]
せば。ヾ(*’-’*))
0:53.......
GOOD BY YOSHII KAZUYAツアー最終日、福島に友達3人と8823号で行ってきました。往復で600km弱、運転も疲れるけど、ライブも疲れるので、行って帰ってこれるか心配だったけど、男前になり切って運転乗り切りました。笑 MTなので、高速乗る時、加速感を久々に味わったけど、回るねェ。ロータリーはやっぱりいいね!!!

13時から、フリマ開始だったけど、到着したのが13時で、既に長蛇の列。何も買えないだろうなあ…と思ったけど、やっぱり何も買えませんでした。でも、フリマが行われている会場は、種類ごとにブースが分かれていて、吉井さんの衣装とか小物が飾られていて、あと、吉井さんの音楽が終始流れていたりして、雰囲気はすごく楽しめました。吉井さんのパンツ、かなり細かった。

抽選ブースというのがあって、一応、抽選番号だけ貰って、15時半からの抽選に参加。係員の人が拡声器使って番号を叫んでいたのだけど、全然聞こえなくて、会場からは「聞こえません!!!」の野次。で、逆に拡声器使わない方が聞こえて、一同大笑いでした。結局、肉声と紙に書いた番号を提示して、抽選行っていたのだけど、5万円のジャケット買った人とか、THE YELLOW MONKEYのアタッシュケース買った人とかいたね。財布の中には2万円しか無いし…。当たっても買えませんわ。そんな中、39万円のギターを買ってる人もいました。もちろん現金で。うらやましい…。

今回、席は遠かったけど、映画が入ってるせいか、スクリーンも用意されていたし、席も通路側で快適に観ることができました。今日の吉井さんは、本当に声が出ていて、朝日楼とか4000粒の恋の唄なんか、じっくり聴かせてくれて、よかったね。I WANT YOU I NEED YOUの「さしあしだ」の「し」の音が少し裏返ったのはご愛敬。吉井さん自身も、「最終日で、カメラも入っていて、全国の映画館でやってるのかと思うと緊張するね」と話してました。ヨシフミさんも、「吉井さん、かたいもん」って。でも、今日の日を楽しみにしてたとのこと。「福島!!!」って何度も叫んでましたね。

これで、しぱらく吉井さんに会えなくなると思うと1曲、1曲が愛しくて、終わって欲しくない気持ちでいっぱい。でも、吉井さん、「このツアーが終わったら、2年くらい休もうかなと思っていたけど、休むの止めました。休んでもやることないし。ちょっと休んだら、大切に曲と言葉吟味してみんなの前に出しても恥ずかしくない楽曲を作って現れますので、その時まで…。ありがとう。次会う時はもっと綺麗に咲いて下さい(FLOWER)」と話してくれていたので、絶対、吉井さんに会えるの待ってようと思ったし、仕事も行きたくないなあ…って思ったけど、WEEKENDER聴いて、頑張ろうと思ったし、それから、吉井さんから一輪の花ももらったし(LOVERS ON BACKSTREETより)、今日の吉井さんには、本当にたくさんのGOODをもらいました。いつも「自分を愛してね!!!(FLOWER)」と言ってくれる吉井さん、大好き。

今回のツアーにはアンコールは無くて、最終日の福島も、もれなくアンコールは無くて、いつもアカペラの血潮で終わるんだけど、この血潮がまた、声が本当によく出ていて、今回3回参戦したなかでは一番でした。血潮が終わって、終わったんだ…と思った時、「素晴らしいバンドメンバーなので、もう1曲」と言った時は、ドキドキ。「グンナイ」と言ったあと、指を1本立てた。

イントロでやられました。まさかのJAMです。今、思い出しても涙が出そう。JAMははっきり言って、聴き飽きた曲なのだけど、ライブで演られると、やっぱり特別なのです。この1曲だけでも、今日行った価値有りなのでした。なので、今日はね、3時間のライブだったのです。オーディエンスとの一体感もサイコウでしたね。

そうそう。今回のツアーを一緒にしたラガヴーリンの栓をこの会場で抜いたんですが、抜く前、吉井さん「し~っ」って。それで、ポン!抜いた音、すごくいい音だったな。吉井さん、一口飲んで、「うまいっ!!!」と呟いてました。後夜祭で乾杯したかったな。

本日のBGM≫THE YELLOW MONKEY [4000粒の恋の唄]
せば。ヾ(*'-'*))
2:45.......
吉井和哉 TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA at 桐生市市民文化会館 シルクホール
2013.03.20 1F6列34番


01.トブヨウニ
02.点描のしくみ
03.I WANT YOU I NEED YOU
04.ゴージャス
05.CALL ME
06.朝日楼(朝日のあたる家)
07.シュレッダー
08.LOVE & PEACE
09.雨雲

“Unplugged Version”
10.HATE
11.Working Class Hero
12.CALIFORNIAN RIDER
13.4000粒の恋の唄
14.MY FOOLISH HEART

15.BEAUTIFUL
16.BELIEVE
17.HEARTS
18.LOVERS ON BACKSTREET
19.バラ色の日々
20.WINNER
21.Shine and Eternity
22.FLOWER
23.血潮(A Cappella & Clap Hanz Version)
思い立って行ってきました。山梨初日。最近、8823号も遠出してないし、Facebookで吉井さんが、今回のツアーが終わったら、しばらくツアーはないと言っていたので、桐生だけでは物足りなさを感じたのと、ツアーの初日って行ったことがないので、新鮮かなあ、と。結果、行って正解でした。
今までのライブと違って、不思議なゆるさを感じたライブでした。1曲目、吉井さん楽しそうに手を叩いている。なんの曲だろう?と思っていたら、まさかのトブヨウニ。1曲目からこれですか!みたいな。かなりアレンジされていて、いい感じでした。9曲目の雨雲のアウトロで、吉井さんがステージ降りて、その後メンバーもステージ降りて、何がどうなってるのかと思ったら、スクリーンにLINEのやり取りが。あれには笑ってしまった。

再び登場して、アコギモードに。「みんな、よかったら座って」の吉井さんの言葉にみんな「やだ!」吉井さん、「お、反抗してきてる。じゃあ、みんな立ってなさい!笑」何曲か演奏してから、まさかの4000粒の恋の唄ですよ。THE YELLOW MONKEYの曲はほとんど知ってるけれど、ライブでは聴いたことがない。なぜならリアルでは聴いてないから。なので、全てがまさかまさかなのである。ゴージャスも然り。4000粒の恋の唄を歌ったあと、「つぶやかないでね。内緒だよ。府中ではやらないから。ウソ」( ̄  ̄;)やるんじゃん、みたいな。笑 そして大好きなアルバムBUNCHED BIRTHから、LOVERS ON BACKSTREETが。その流れでバラ色の日々なんだもん。もうちょっと反則。泣けてきちゃう。でも、LOVERS ON BACKSTREETの時、「昔、俺が阿佐谷にいた頃、阿佐谷って知ってる?駅前にモスバーガーがあって、そこで曲を書いてて、その頃書いた曲はほとんど阿佐谷のモスバーガーで書いたと言ってもいいほど。俺がどぶねずみだった頃。まあ、野良犬とでも言うけれど」このMCに会場の誰もがWelcome To My Doghouseを期待したはず。流れ的にLOVERS ON BACKSTREETで正解だったけど。

LINEのやり取りで、「今回はアンコールないらしいよ」「その代わり久々の2時間超えのライブだよ」その通り、ライブは2時間半弱で、アンコールはありませんでした。アンコールがないのは寂しくなかった。アンコールなくても十分楽しめたライブでした。逆にないほうが白々しくなくてよかったかもね。最後の曲、血潮は、会場の手拍子が演奏代わりだったけど、ほぼアカペラで、吉井さんの声が会場に、透き通って響き渡って鳥肌が立った。

GOOD BY YOSHII KAZUYAというツアータイトルには、新しい吉井和哉に向けて出発していくのと、たくさんのGOODを持って帰って欲しいという想いが込められているという。なるほど、というのと、しばらくツアーがないということも関係してるのかな、と感じた。次の府中のチケット取ってたんだけど、山梨行きたいと思ってたから譲ってしまった。譲らなきゃよかったな。
さてさて、次は桐生なのだが、遠征できる場所として茨城もある。桐生が3/20、茨城が4/5で日にちが近いのがネックだし、金銭的な問題もあるけれど、理想としては、5/18のファイナルの福島に行きたい。でも、福島日帰りとなると、片道300kmだからね。宿泊するには猫がいるので無理だし。福島、茨城どうしようかなぁ。

本日のBGM≫THE YELLOW MONKEY [FAIRY LAND]
せば。ヾ(*'-'*))
16:24.......
君と僕は 過去と未来よりも 強く強く結ばれて 未来永劫に 出会い続ける


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。