pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、吉井さんの大宮でのライブを捨て(笑)、渋谷のO-nestに埋火の「ジオラマ」レコ発ライブに行ってきました。・・・が、お目当てはキセルです

ちなみに、0-WESTとO-EASTでは、何のライブがあったのか分からないけど、ものすごい人だかりでした。O-nestはビルの6Fにあり店内はBarのような雰囲気。ライブハウス内は本当に小さなライブハウスで、200人も入ればいっぱいになるんじゃないかという場所でした。ステージと会場を仕切るものは何もなく、50cm上に板の擦り切れたステージがあるという感じ。わたしは、整理番号5番だったので、当然のごとく一番前へ。10分ほどステージに腰掛けて待ってました。

最初に出てきたバンドは湯浅湾さんという4人組のバンド。開演の19時半を過ぎて、のそのそとスタッフの人が現れてチューニングや準備をしてると思ったら、湯浅湾さんたち本人でした。準備が終え「湯浅湾です」とひと言言ったあとすぐに演奏。なんかアットホームでいいなと思いました。

IMG_6079.jpg
ボーカルの湯浅さんがくれた、手書きのセトリ

湯浅湾さんが終わったあと、キセルだったんですが、湯浅湾さんがお片づけしたあと、キセルも当然のように自分達で準備してました。うん、アットホームでよい
「今回は埋火さんのレコ発ということでおめでとうございます」と話してましたね。MCは短めで、演奏した曲は7曲。やっぱりキセルは癒されます。声がものすごく魅力的。兄の豪文さんはもちろん、友晴さんの声が素晴らしい。和製サイモン&ガーファンクルといった雰囲気が伺えます。
キセルの演奏が終わってお片づけを終わったあと、ドリンクを貰いに行ってBarの方に移動。物販もそこで行っていたので、友晴さん待ちです。

しばらくして友晴さん出てきて、でも他の人と話しをしていたので、ま、いっかなとCDを買いに・・。顔馴染みになった物販のオネエサンに「こんばんは」と言ったら向こうも覚えていてくれて、「こんばんは」と挨拶してくれました。
今回は、持ってないCD2枚と缶バッチ2個購入。そしたら、「このCDケースが割れてるんですよ。もしよかったらCDショップで買った方がいいかもです」って教えてくれて「大丈夫です。友晴さん忙しそうですが、サインしてくれますかね?」って聞いたら、「それは大丈夫ですよ」って。そしたら、友晴さん、わたしのこと覚えていてくれて、わたしの顔見て「あ!」って「いつもありがとうございます」って、サインしてくれました。あと、AMAZONで購入した持込のCDと、先月もらったセトリにもサインしてくれました。
そしたら、豪文さんが後ろにいて、友晴さんが紹介してくれて、豪文さんもサインしてくれました。豪文さんがいるのは滅多にないので超貴重 ちなみに兄の豪文さんは斉藤和義さんのサポメンでもあります

IMG_6075.jpg  IMG_6076.jpg  IMG_6077.jpg

1枚目は、先月のセトリに辻村兄弟がサインしてくれたもの(マジックの濃い方が豪文さんのサイン)。2枚目は、昨日のセトリを友晴さんが直筆で書いてくれたもの。3枚目は、持ってるCD全てのサイン。それぞれ日付が書いていて、日付を見ると10月、11月、12月とキセルを観に行ってたことになるんですねェ。
キセルは結成して10年で、自分たちでは「鳴かず飛ばずで活動してます」な~んて言ってたけど、吉井さんやせっちゃんのように売れたら、超貴重品になっちゃうね。大切な宝物です。
最後に豪文さんと友晴さんに握手してもらってお別れしました。豪文さんの握手は優しい握手で、友晴さんの握手は力強い握手でした。

ホントは、デジカメ持っていってて、一緒に写真撮って下さいと言うつもりだったのですが、本人たちを目の前にすると、緊張しちゃって言い出せず・・。でも、豪文さんがいることは滅多にないことだったので、やっぱり勇気を振り絞って、写真撮ってもらってくればよかったなあと、大後悔...

ちなみに、主役のはずの埋火のライブは観ないで帰って来ました。それでもお家到着0時だったもんねェ。O-nest、いいハコだったな。またこういうとこでやってくれればいいな。2月に対バンでLOFTでやるんだけどね。行けるかなあ。

本日のBGM≫キセル [町医者]
せば。ヾ(*'-'*))
17:28.......
スポンサーサイト
この前の日曜日、キセルのワンマンツアーに行ってきました。キセルは、フラカン×和義のライブと、この前、怒髪天が出たチャンキバのイベントでは聴いたことがあるのですが、ワンマンは初めて。今回はせっちゃんでもお馴染みのエマーソン北村さん(KEY)と、北山ゆうこさん(Dr)を加えたバンド編成でした。
いやー、キセルワールドにどっぷり浸かってきました。あの独特の浮遊感みたいなものはキセルにしか出せないですね。キセルのCDは残念ながら2枚しか持ってなかったので、大半は初めて聴く曲だったのですが、それでもしっかり楽しめました。
途中、友晴さんのノコギリとお兄ちゃんのアコギのコーナーもあって、バンドとは違ったゆるやかな時間が流れていました。キセルの曲はゆっくりなものが多いので、もしかしたら退屈するかも・・とか思ったりしていたけど、この二人だけの演出がいいアクセントになって退屈せずに最後まで楽しめました。大好きなベガでは、PVのアニメを思い出してちょっとうるるとしてしまいました。

辻村兄弟のトークもほっこりゆるくて、楽しかったです。二人とも車の免許は無く、弟の友晴さんは、今、免許取りに行ってる最中なんだそうです。AT限定なのかMTなのかちょっと気になっちゃいました。

恵比寿のリキッドルームも初めて行ったのですが、バーカウンターがあったりあちこちに椅子がありテーブルにはそこらかしこに灰皿が置いてあって、どこかクラブのようなイメージ。ハコのキャパは1000人くらいといったところでしょうか。それでも、場内は満杯に埋まり、お兄ちゃんがステージから会場を見渡しながら、「うわー、すごいな。こんなに来てくれてありがとう」と言ってましたね。

ライブ終了後、混み合う人が落ち着くのを待って、物販へ。CDは3種類しか置いておらず、持っていないものを1枚購入。そしたらCDを渡してくれたオネエサンが、「この前、怒髪天のにも来てましたよね」なんて言って、「あ、行きました。よく覚えてましたね。挙動不審でしたか?」とか言いながら笑って。でも、その人、ホントよく覚えてたなあ。
今回のグッツは友晴さんが力を入れたと言うことで、友晴さんのところに行って、トートバックとTシャツを購入。二つで5000円だったのですが、なぜか4500円におまけしてくれたので、トートバックに付けようと、缶バッチの大と小(合わせて500円)を購入しました。その後、サイン攻めです(笑)トートバックとTシャツとCDにサインをしてもらいました。
で、友晴さんに、「今回のセットリストって教えてもらえないでしょうか?」って聞いたら「UPはしてないんですよね」と言ったので、「書いてもらうことって・・・(もごもご)」って更に聞いたら「覚えてるかなあ。じゃあ、待ってる人がいるのであとで(書きます、ニッコリ)」って
心の中で「直筆のセットリスト!」って胸弾ませて横で待ってたら女の人が「ちょっと切り取ってあるけど、プリントしたのならありますよ」って友晴さんに言って、友晴さん「じゃあ、これで」って...o(_ _*)o
でも、後ろで他の人たちが「いいなあ」と呟いてたので、ちょっと優越感。笑(やらしぃ)

IMG_6072.jpg    IMG_6073.jpg
セトリとCDのサインとトートバックと缶バッチ

その後、いったんは駅に向かったのですが、セットリストにサインを書いてもらいたくて、またリキッドルームに戻ったら、殆どの人は帰っていて友晴さんもいなくて、わたしを覚えていてくれたオネエサンに「友晴さんは・・」って聞いたら「もう下がっちゃいましたね」と。その後、外でひとりで出待ちをしてたら、ドラムの北山ゆうこさんがいたので「今日は楽しかったです。ありがとうございました」と握手。握手と言えば、友晴さんとも握手をしてもらったのですが、優しい笑顔とものすごく力強い握手ですごく感激しました。
出待ち、寒さに震えながら15分くらい待ってたのですが、なかなか出てこず、CDを売ってたオネエサンが荷物運びしてたので、「キセルのお二人は帰っちゃいましたか?」って聞いたら「まだ居るんですけど、少し時間がかかりそうですよ」と教えてくれたので、諦めて帰途に着きました。

MCの中でお兄ちゃんが「12月20日にジオラマのイベントに参加することになったので、是非来て下さい」と。12月20日・・・なんかあったようなと思ったら、大宮ソニックシティでの吉井さんのライブと重なってました... 2、3日悩んだのですが、吉井武道館にも行くし、大宮のチケットはコミュで譲ることにして、キセルのイベントに行くことにしました。で、今朝6時に起きて、6時半にローソンに行ってロッピーでチケット取ったら、なんと整理番号5番でした ん~・・・・笑。

本日のBGM≫キセル [夜の名前]
せば。ヾ(*'-'*))
15:56.......
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。