pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超長文@トラブル有りの@旅は道連れ世は情け編

明けて、12月4日。9時に目覚まし。サクッと顔だけ洗って、朝食を食べにレストランへ向かう。そう言えば、沖縄入りしてから、何も食べてないワタシ。ご飯、納豆、卵焼き、焼き魚、モズク、お味噌汁、ノリ、おしんこ、コーヒー2杯、グレープフルーツ1個、オレンジ1個。 寝起きなのに、よく食べれたな。全部完食。

天気はあいにくで、風が強い。時々雨粒も見える。那覇マラソンもあって、道路情報がワカラナイので、ライブ始まるまで、ホテルでぼ?っとしてようかなって思ったけれど、14時頃から天気が回復し始めた&那覇マラソンが終わったっぽいので、シャワーを浴びて、マスクして、地図を片手に国際通りに出てみる。
沖縄に来たからにはナンプラーを買わないと、と、探したけど無くて、逆に、「ナンプラーって何?」って聞かれて、エ?醤油じゃなかったっけ?ってなんか自信がなくなってきて、「多分調味料だと思うんですけど、沖縄にナンプラーって言葉ないですか?」って言ったら、「聞いたことないねェ」おばちゃんが、オネエサンに「ナンプラーって聞いたことある?なんだか知ってる?」って聞いてくれて、「ナンプラー?え?なんだろ?あ!わかった!ちょっと待って、アレかも」って、店の奥の方に行ったと思ったら戻ってきて、「タンブラーだった・・・」
・・・爆。
ホントの話しです。(((((*>∀<)

で、次のお店でも聞いたけどなくて、お店の人同士でなんだろなんだろって話しになって、そしたら、太ったおばちゃんが、「あんたぁ(語尾上がる)、ナンクルナイサーと聞き間違えたんじゃないの?」を軽い沖縄弁で言って、「ナンクルナイサーってなんとかなるさあって、それとナンプラーと聞き間違えたんじゃないの?あっはっは(軽い沖縄弁)」って豪快に笑ってた。沖縄の人って、みんなよい人だな?って思いました。最初のおばちゃんはかなり真剣に悩んでたもの。
で、さっき調べたら、ナンプラーって沖縄じゃなくて、タイのお醤油ですよねェ。
マサムネさんもなんか勘違いしてる?

◆ダンスクラブ松下
そんなこんなで、ウロウロし過ぎて、急がないと会場に間に合わない時間になってしまった。今日は整理番号順だから、早く行かないと。でも、一度クルマに戻って、荷物とジャンバー置いて、Gスカタオルとミネラルウォーターを持参しなければなので、ダッシュで戻るが、近道かも?と思った路地に入り込んだら、道に迷ってしまった。観光マップ持っているのに、自分の位置が確認できない。(T_T)
とりあえず、松山の交差点に出れば・・・と、歩いてる人に聞いたけど、分かったようなワカラナイような。ずいぶん遠まわりして、ようやくクルマに辿り着き、走って会場へ向かう。
なんで、毎日走ってるのだろ。
17時半ギリ到着で、みんな既に並んでいて、整理番号85番だったので、「何番ですか?」って聞いて回って、90番あたりのところに並びました。お財布荷物になるので、小さなバックにお札を突っ込んでいたのだけれど、バックからチケットを取り出そうとしたら、一万円札と1枚と千円1円札5枚が風に吹き飛ばされてしまった。でも、みんなが、かき集めてくれました。恥ずかしかった。
スピ友Yさんと開演前に、会おうねって言ってたのだけど、そんなんで時間がなくて会えなかったので、「先に中に入ってるね」とメェル。「走らないでください」と言われつつ、小走り。田村さんの前に隙間発見。最前柵get。L(`▽´L )よっしゃ!
わたしの隣に、15cmくらいの隙間があったので、Yさんにメェルして、「最前get、田村さん前です。隣に少し隙間があるので、もし来れるようなら、田村さん側からスリスリと最前に来てください。頭に銀の髪留めしてます」と送ったけら、「とりあえず、田村さん側に来ました!でも、スリスリ、自信ないです」ってお返事が来た。後ろを見たら、かなり人が入ってきてた。ウ?ン、確かにスリスリ難しいかも。

ダンスクラブ松下は、昭和の雰囲気が漂う懐かしい雰囲気のライブハウスでした。天井低くて、大きなミラーボールがふたつあって、ステージとの位置も近くて、手を伸ばせば届くのですよ。

◆モンパチ・・・etc
今日は、モンゴル800との対バン。
モンパチ登場で、ギュウギュウの雪崩が起こる。わたしも雪崩れて流された。お、キヨサクの目の前だ。ぜいぜい。こんなに近くて許されるのか?まつげも歯並びも鼻の穴も確認できるよ?っ。
モンパチの曲は、「小さな恋の歌」と「あなたに」しか知らなかったけど、よかったです。ギターのたかしクンがカッコよかった。7、8曲くらい歌ったのかな。
キヨサクは白のスピT着てました。
「スピッツさんとの対バンの話しが出たときは、ええ、俺らが・・いいんですか?どうしよう?ってビックリしました」って喋ってました。

モンパチ登場の雪崩起きたすぐあとに、後ろから肩を叩かれて、振り向いたら女の人が、「外に出たいんです」って言う。出たいと言っても、わたしも動けないのだが、どうにか踏ん張ってスペースを空けようとしてたら、その人も自力で来た。
女性「出たいんです」
スタッフ「すみません、一回入ったら出れないんです」
女性「具合悪いんです!」
スタッフ「え!?」 ・・・慌てて連れ出す。

当初、わたしの右隣にカップルがいたのだけど荷物を彼氏側の足元に置いてて、だけど、カップルも雪崩で前線離脱したので、荷物だけが取り残されてた。荷物踏めないし(少し踏んでたけど)、身体が斜めになって自分の意思では動けない。でも、じわじわとくる左からの圧力で、身体はどんどん右に。最後の方は、左足だけで立ってました。ぎゅうぎゅうだったので、楽は楽だったけど。^^;;;
モンパチ終わった頃に、やっぱり具合悪くなった人が、2人、前から担ぎこまれていきましたね。なんか分かるよね。わたしも赤坂BLITZで死にそうになったもの。ああなると、楽しいどころじゃないんだよね。

◆SPITZ
舞台のセッティングをモンパチからSPITZ編へ。スタンドマイク2本だったのが3本になって、ウルウルした。ワタシ、田村さんとマサムネさんの間のやや田村さん寄り。なんだか嵐の予感するにょ。w
ステージ暗闇の中、音合わせしてる時、いつの間にか埼ちゃんが来てて、ドラムの位置を確認してました。「あ?、埼ちゃんだ」とか言いながら、手を振って、で、埼ちゃんは確認終わったあと、照れくさそうに小さく手を振りながら、下がっていきました。
もしかして、暗くて(遠くて)分からなかっただけで、今までも、ドラムの最終調整は埼ちゃん自身でやってたのかも、って思いました。それとも、モンパチが使ったあとだったからかな?

ライブは、サイコウですた。(((((*>∀<)
マサムネ@黒で胸にPOLYDORと書かれたTシャツによれよれのジーンズ&革靴
田村@白で胸に汽車ぽっぽのTシャツ(モンパチTかも)にジ?ンズ&ベージュのスニーカー
埼ちゃん@音合わせのときは、背中にpumaとかかれたジャージ
てっちゃん@?腕に黒に金ラメのスカーフ巻きぃの、お尻に毛皮ぶら下げェの。赤のブーツ、途中から脱いで白黒シマシマのノースリーブ。腕細っ。

テイタム・オニールで始まって、みんな、NORINORI。手が彼らの方向に伸びる伸びる。マサムネさんがステージのギリ前まで来て、ワタシ、手を伸ばして、マサムネさんの靴とそれからジーンズにサワサワ。マサムネさんにいっぱい触った。?><:
嬉しくて死にそ。
遮るものがなんにもなくて、唯一あるとしたら、マサムネさんがリトル邪魔でてっちゃんが見えないときがあるくらい。でもって、マイク無しで、声も聞こえる。田村様、なんか、ごちゃごちゃ言ってるよ。
いつもは、「てっちゃ?ん」って叫ぶんだけど、普通に、「田村さん♪」「マサムネさん♪」で、声が届く。

メンバーも、かなり楽しそうでした。田村さんが超笑顔だよ。途中から汗で、前髪がクルンとなって、おぼっちゃま風になってた。演奏中、埼ちゃんとこ行って、なんか喋って笑ってるし、楽しそうだ。
マサムネさんも「楽しい、楽しい」を連発。わたしも楽しい!
埼ちゃんがよかった。後ろから、田村さん、てっちゃん、マサムネさんを見つめながら、悪がきみたいにニヤニヤしてる。あと、会場を見たりしてて、時々微笑み。コレ絶対目が合う!と思って、Gスカのタオル振りながら、埼ちゃんのことず?っと見てたら、埼ちゃんと目が合ったのだ!で、今だ!って、小さく手を振ったら、ニコって。嗚呼、此れだよ!(///∇///)
マサムネさんとも目が合った(と思ってる)。アンコールのメンバー紹介でマサムネさんが誰かと喋ってた時、てっちゃんの身体がコッチ向いてたので、てっちゃんに一生懸命小さく手を振ってみる。しつこく。w てっちゃんはサングラスしてるので、目の動きが確認できず。でも、見てくれた(と思っている)。死にそ。

「俺のすべて」のタッチのとき、マサムネさんの手が伸びてきてるのに、悲しいかな2回もタッチし損ねたけど、曲の最後のときは、ずっとわたしの前で、タンバリン振ってたので、足をずっと触ってた。で、Gスカのタオルで、靴磨きした。(≧∪≦)ノ

◆MC
マ「せっかくね、沖縄でナンプラー日和をやるということで、今日はスペシャルゲストが来ています。よなは徹です」
会場「きゃ?っ!」
ワタシ「(誰、この人?と思いながら、いちお)きゃ?っ!」
  #ナンプラー日和の三味線、よなはさんだったんですね。知らなかったです。
マ「いや?、なんかカッコいいっすね。楽屋で会ったときはなんとも思わなかったけど、こうやって三味線持ってると、やっぱりカッコイイっすね」
よ「いや?、そうですか(テレ)」
マ「なにか、みなさんに伝えたいこととかあれば・・」
よ「えっと、じゃあ、渋谷のクラブアクトロでライブやります」
会場「お?!」
よ「28日です。よかったら来てください」
マ「おお、俺らもイキテ」
いや、28日、君たちは・・・。www

よなはさんの三味線ソロで、ナンプラー日和が始まる。カッコイイ。田村さん、マサムネさん、てっちゃんが、じ?っとよなはさんを見てる。すごい真剣な眼差しだ。
よなはさんが埼ちゃんの方を向いて、合図を送る。
曲が始まる。踊りも始まる。♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪
かなりサイコウでした。

マサムネ@しょぼビアコーナー@新しいのを発見したと意気満々。
「スピカの曲で、[古い星の光]って歌詞があるんだけど、ホントは[新しい星の光]なんだって」
「へえええええ」

◆アンコール
マサムネさん@黒のスピT
田村さん@白のスピT(多分。モンパチTかも)
埼ちゃん@紫のスピT(多分)
てっちゃん@胸にエロスと書かれた真っ赤なTシャツ。
 #笑いとともに、会場からエロスコールが湧き上がる。
エロT、ほすい・・・

*タムタム
タ「田村デェス。12年前の今日は、名古屋でライブをしてました。その時、クサノと、串カツを30本食べました」
マ「ウンウン、それで?(なんの関係があるの?みたいな)」
タ「いや、今日、モンゴルさんを見て、若いなって。もう歳だから串カツ30本も食べれないし、食欲では勝てないな?って」
マ「ああ、食欲ね」
タ「そうそう」
マ「でも、食欲で勝たなくても」
タ「じゃなに・・・?性欲?(ボソ)」
会場「エロー」
ワタシ「睡眠欲!」
マ「ん?、睡眠欲ね」
          やった!話に絡んだ!((((((((((*>∀<)
ワタシ「物欲!」
          ・・・・絡めず。
マ「欲じゃなくても、音楽に対する熱意で頑張れば・・・」 みたいなこと喋ってた。

田村さんは、モンパチのこと、「モンゴルさん、モンゴルさん」って言ってて、その言いっぷりが可愛かった。マサムネさんが、「俺たちも、スピッツ600とかつければよかったな」って言ってました。

*クージー@全然思い出せない。

*埼ちゃん
サ「今日はさ、いつもよりさ、(ドラムの)位置が低いんだよね」
マ「ウンウン、いつもひとつ高いからね」
サ「でね、目線が低くてね、結構、お客さんと結構目が合うんだよね」

*てっちゃん
テ「那覇マラソンと福岡マラソンで走ってきたよ?ん」 ウソコケ!
てっちゃんが、ミラーボールデケェ話ししてたら、マサムネさんがメリージェーンを歌った。
会場「ウケ、もっと?!」
マ「いや、人の歌でウケてもね(笑)」
テ「ダンスのお相手は決まりましたか?」
てっちゃんは、ちゃちゃ入れるのは好きだけど、自分がメインで喋るのは嫌なんだって。でも、自分が喋ったあとのしら?っとした雰囲気が好きなんだって。
あと、メガネの話しになって、バンド結成して、今年の夏で18年。最初は、田村さんとてっちゃんがメガネしてて、しかも、銀縁のあられちゃんメガネで、マサムネが、ロックバンドにメガネふたりいてもな?・・・って。そのあと、なんて続いたかな?

*マサムネさん
マ「今日は、モンゴル800さんとの対バンで、若いパワーを貰ったというか、初心を思い出したというか。それから、今日は本当に楽しくて、ここでやれたこと、が嬉しい(みたいなこと)」

*メンバー邸でのマサムネさん、
沖縄から帰ってきました。 2公演とも楽しかったっす!
特にダンスクラブ松下は良い体験ができました。
俺らがアマチュアの頃拠点にしてた新宿ロフトを思い出させてくれる、ロッケンローなムード溢れる会場で、対バン(モンゴル800、さらにカッコ良くなってた!)もいたからホント、タイムスリップしたみたいな気分を味わえたよ。
三線のよなは徹さんにも参加してもらってアッツい夜になりました。
皆さんありがとうございました!

アンコールも終わって、メンバーが、ステージから下がるとき、「楽しかった、ありがとう、ありがとう」って何回も言うから、わたしも、何回も「ありがとう、ありがとう」って、最後まで手を振ってた。ホントに楽しかった。
ダンスクラブ松下って、キャパ1800人くらい。最近は、ドームだのアリーナでのライブが多いけれど、SPITZがこういう小さなライブハウスでやること、Zeppも含めてだけど、嬉しいことだなって思う。SPITZとMr.Childrenはデビュが確か一緒なんだよね。でも、かたやドーム、かたやライブハウスだよ。でも、ライブの原点は、やっぱりドックハウスだよね。スピファンでよかったって、つくづく思ったよ。

ライブ終わって、場内でボ?っとしてたら、スピ友Yさんが来て、「こんな近くで見てたの?すご?い」 「近かったよ。マに触ったの。ほら、ステージに手が届くの。Yさんに、無理矢理でもスリスリして来て!って言えばよかった。はい、マサムネさん触った手だよ」Yさんをすりすり。w で、あ?でもないこ?でもない。ペチャクチャ。
会場出たら、ツアートラックが目の前にいたので、携帯で写真撮ってたら、Yさんが、モンパチのたかしクン発見。「楽しかったです。今日はありがとうございました」って、握手してもらう。わ?い!「頑張ってくださいね」「あ、ありがとうございます」礼儀正しい若者だ。
たかしクンは誰を連れてるワケでもなく、背中に大きなリュック、両手にも大きなかばんを持ってて、どこにでもいる普通のワカモノで、その辺歩いてたら絶対ワカンナイと思う。
みんなと写真撮ったり握手したりが終わったあと、道を渡って、タクシーに乗り込んだので、「見送ってくる♪」って、Yさんと二人で、タクシーのトコ行って、ふたりで手を振って、見送りました。たかしクンも何回も手を振ってお辞儀してた。ああ、ハンガレ、モンパチ。

Yさんと、沖縄そば食って帰ろうって言ってたんだけど、結構いい時間になったので、帰ろうか・・・ってコトになって、Yさんとバイバイ。クルマに向かうが、クルマがない。ぐるぐると同じとこ歩いてまわって、ダンスクラブ松下に戻ったら、Yさんがいた。「なんだか名残惜しくって」

わたしのクルマ探しは延々と続いて、でも、クルマが何処にも見当たらないし、風景も違う。この先行ったら大通りに出ちゃうし、クルマからダッシュで、ダンスクラブ松下に来た時の風景を思い出すも、やっぱりコッチの方向から来てる。でも、なんで無いの?わたし、半そでTシャツだったし、この日は、寒くて、半泣きになってYさんに電話したら、auお留守番サービス。
でも、Yさんに電話しても仕方ないんだよね・・・、とにかく探さなければって、ダンスクラブ松下を中心に更に歩き回ったら、Yさんがいた。神様に思えた。
電話中だったけど、「あれ?どうしたんですか?」って、「クルマ止めたとこワカラナクなっちゃったの(泣べそ)」Yさんは「あとでかけ直す」と言って電話を切って、「あれから(バイバイしてから)ずいぶん経ってますよね。ずっと探してたんですか?」「そうなの」「一度、クルマに荷物置いてきたんですよね?どっちから来たか覚えてます?」「ウン、コッチから・・・。みんな、ここの脇に並んでたんですよね?そしたらアッチから走ってきたのだけど、けど無いんですよ」

ライブで、かなり記憶が飛んでました・・・・・・・・・

ダンスクラブ松下の2本先の路地に止めたという記憶。実際は、大通りの向こう、2本先の路地でした。クルマを見つけたときは、本当に本当に嬉しいというか、安堵感と言うか、何と言うか。Yさんに「クルマありました」ってメェルして、ああ、Yさんがいてくれてよかったって思ったのでした。旅は道連れ世は情けですな。

イロイロあったけれど、こうして、わたしのあまったれは終わったのでした。

■JAMBOREE TOUR あまったれ2005 in ダンスクラブ松下■2005.12.04

01.テイタム・オニール
02.エスカルゴ
03.8823
04.白い炎
05.ワタリ
06.恋のはじまり
07.ロビンソン
08.ほのほ
09.スピカ
10.会いに行くよ
11.正夢
12.ナンプラー日和
13.甘栗
14.けもの道
15.メモリーズ・カスタム
16.夜を駆ける
17.俺のすべて
18.みそか
EN.チェリー
EN.夢追い虫
EN.春の歌

本日のBGM≫ナし。
スポンサーサイト
ネタばれです@話しの前後は、ぐちゃぐちゃです。

沖縄はやはり南国。到着した日の気温は、25℃(多分)。Tシャツ1枚で全然平気。マサムネさんも、沖縄、やっぱり暖かいって言ってました。
「こんばんは、スピッツです。さすが沖縄は暖かいですね。いつもは、「今日は寒いね。この寒さを俺たちが温めてやるぜ」って言ってるけど(聞いたこと無い)、もうあったまってますよね。更にあったまっていきましょう!」(みたいなこと記憶曖昧)
田村さんは白黒のボーダーの長袖Tシャツ、マサムネさんは黒いTシャツの上に白いシャツだったような。埼ちゃんワカラズ。てっちゃんは・・・、紫芋?w

ぜいぜいして辿り着いた沖縄市民会館は、2階席がなく、座席が斜めになってるので非常に見やすいホールでした。わたしの座席は、24列目の田村さん側。

あまったれ後半初のホールコンサート。オープニングは、「空も飛べるはず」
スピ友Hちゃんが言う通り、オープニングに「空・・」は、確かに微妙(≧∪≦)ノ。でも、やっぱり楽しいにょ。ヨシロヴィ含めて、ここのところライブハウス続きだったので、ステージを広々と見渡せるのが久しぶりだったし、なんだか新鮮。

沖縄に遠征しに行きたいと思ったのは、沖縄で「ナンプラー日和」を聴きながら、踊りたかったからなのだけど、「ナンプラー日和」を歌う前には特にコメントもなく、歌い終わったあと、「沖縄でナンプラー日和を歌うのはすごく緊張するなって思ったけど、ちゃんと歌えてよかったデス」みたいなサラッとしたコメントしてました。でも、ちゃんと、怪しい手つきで沖縄踊り?踊ってきました。
恒例となった、カントリーマアムの話しもする。てっちゃんが「きたぞきたぞ、気をつけろ?」とチャチャを入れる。マサムネさんは、「自分のトリビアはしょぼいので、しょぼビアと名前をつけました」と話す。カントリーマアムの他、しょぼビア、何言ってたっけな。忘れた。

マ「さっき、FCの年賀状の撮影をしていて、来年は戌年なので、みんなで犬の真似をしようって思ったら、猫のポーズになっちゃうんですよね(猫の真似)」
会場「あはは」
マ「で、犬の真似ってどんなだろ?って考えたら、キャイーンさんのポーズになるんですよ(キャイーンの真似の間違い)」
テ「待てよ。キャイーンはそうじゃなくて、こうだぞ(ちゃんとしたキャイーンの真似)」
会場「あはは」
マ「あ、そっかこうか」
マ&テふたりでキャイーンの真似。
カワイイ・・・、可愛すぎる。ヽ(*`▽´*)/ ふたりでコンビ組め!w

メンバー紹介のとき、田村さんが、諸事情でみんなより遅れて当日(3日)沖縄入りしたことを話して、「今までは沖縄でライブをするってことは、特別な感じがしたんだけど、俺は今日到着して、こんなすぐ来れちゃうんだから、特別じゃないって、だから、ん?・・・、[なんとか]じゃないんだよ」って自己フォローしてたけど、[なんとか]の言葉が思い出せない。
ニュアンス的には、ライブするのって、どこは遠いとかどこは近いとかではなくて、どこももおんなじで、はるばる来たとかではなくて、みんな同じ?みたいなこと、言いたかったのかな。
クージーは、「みんな顔が濃い!あたしとマサムネも濃いけどね」
てっちゃんは、「明日の那覇マラソン出るよ」
埼ちゃんは、「2月になると、沖縄来たくなるんだよね。野球のキャンプがあるから」

田村さんベースソロで始まる「けもの道」が終わったあと、「じゃあ、ここからはまったりということで、よかったらみなさんも座ってください」と、まったりタイム。「平井賢さんみたいでしょ?」って、平井賢さんの歌、ちょこっと歌った。
シーンとした会場にマサムネさんの声が響き渡る。アコギで「優しくなりたい」を歌ったマサムネさんの声は、とても透き通って綺麗で、本当に綺麗で、胸が苦しくなって、涙がつつつと流れました。今回の沖縄遠征をあまったれのファイナルにしようと思ったのだけど、ホントに終わりにしちゃっていいのかなあ。まだツアーは続くよ?って思いました。それくらい感動したのでした。

ライブ終了後、先週のZeppTokyoで知り合ったスピ友Yさんと待ち合わせ。そして、スピ友Kちゃんともハジメマシテじゃないんだけど、ハジメマシテのご対面。目と目があったとき、一瞬、ふたりしてきょとんとしたような気がする。
「Kちゃん?きゃあ!ハグ?☆」
嬉しくて、そして、嬉しくて、Kちゃんに何回もハグする。Kちゃんは小さくてとても可愛い女の子でした。Kちゃんに会えて、本当に嬉しかった。Yさん交えて、赤坂BLITZの話しや、mixiの話ししながら、思い出したように、またハグして、「Kちゃんの、個展へ行きたいの」ってプレッシャーをかけて(微笑)、バイバイしました。

で、クルマ・・・
スピ友Yさんと、今日のスピ談義しながら、クルマを止めてある場所へ。土地の持ち主が怒って、クルマが出れないように封鎖してたらどうしようと、デーオーケーアイデーオーケーアイ。
しかし・・・、止めてた時には無かったトラックが2台、入り口を封鎖してる?????
Myレンタルクルマが見えない。マジ?トラックの後ろに回ったら、Myレンタルクルマがぽつんといたけど、トラックはMyレンタルのギリ後ろ数cmもないとこまで迫ってた。ぶつかってるかと思いました。
「うわー、出れるかな?」って回り確認して、切り返ししたら、ココから出れるねって、何回も切り返しして、なぜか、ブレーキする度に思いっきり前につんのめる二人。「ごめんね、ごめんね」って言いながら、なんか変だな・・・って思ってたら、右足でアクセル、左足でブレーキ操作してますた。^^;;;

スピ友Yさんをホテルに送って、22時、Myお宿到着。宴会があったのが、一般のクルマとタクシーとバスと人がごった返してどうにもならない状態。出るクルマ、入るクルマ、バスとか、狭いロータリーはぐちゃぐちゃ。どうしたらよいものか・・・と思っていたら、クルマを誘導してる人が来て「送迎ですか?」 「宿泊なんですけど」 誘導員の人もどうしたらいいのかワカラナイチック。しばし待ちぼうけをくらったけれど、結局、クルマを預けて、ようやくチェックインしました。

嗚呼、今日という日は、色色衣でスーベニア。

■JAMBOREE TOUR あまったれ2005 in 沖縄市民会館■2005.12.03

01.空も飛べるはず
02.エスカルゴ
03.ワタリ
04.白い炎
05.ナンプラー日和
06.恋のはじまり
07.ロビンソン
08.ほのほ
09.スピカ
10.けもの道
11.優しくなりたいな
12.会いに行くよ
13.夢じゃない
14.夜を駆ける
15.正夢
16.甘ったれクリーチャー
17.メモリーズ・カスタム
18.俺のすべて
19.みそか
EN.8823
EN.春の歌

本日のBGM≫ナし。
あまったれ後半、最初で最後?の遠征。場所は沖縄。遠征ライブは南は博多、北は仙台まで行ったことはあるけれど、沖縄なんて我ながらすごな?と思ってしまう。航空券が超割で取れたことも遠征を決めるポイントでございました。先に用意したのは、ライブのチケットだったけど。('艸'〃)♪

さて、行きの飛行機。ただでさえ、ライブに間に合うかどうか微妙な時間帯だったのに、なかなか飛ばない。いや?な予感。しばらくしたら、アナウンスがあって、計器に異常があり、整備士が来て、その確認作業中であるとのこと。
結局、飛行機は30分遅れての出発。那覇空港に着いたのが、16:40頃。
急いで、レンタカーの送迎バス乗り場に向かったけれど、マツダレンタカー、ニッポンレンタカー、様々なレンタカーの名前があって、自分がどこで予約したのか、覚えてない。とりあえず、片っ端から自分の名前があるかどうか確認しようと思ったら、一発目でビンゴ。でも、送迎バスはさっき出発してしまったとのこと。
「急いでるんですよ・・・と半べそ状態。レンタカーのあるお店から沖縄市民会館までどれくらいかかるか聞いたら、「混み具合にもよるんですけど、ん?、1時間くらいですかね・・・」  ウウウ、かなり微妙だ。
スタッフの人も携帯でお店に電話して、急いで迎えに来てくれるよう頼んでくれた。自分のレンタルするクルマに、予め、沖縄市民会館を設定しておいて欲しいと依頼したら、「あ、そうですね!」と、快く連絡をしてくれました。謝々☆

レンタカーを借りるのは初めてで、しかも、自分のクルマ以外に乗れるかどうかも心配で・・・。でも、そんなことは言ってられないのだ。お店で手続きを済ませて、クルマに乗り込む。おお、スイフトだ。ちょっと違うけど、斉藤さんが運転するスイフトのナビシートには乗ったことあるぞ。
「新しくインターが出来ましたので、そこから乗ると、早く着きます」
ナビでの到着予定時刻は、17:40。うん、これならなんとか間に合いそ。

しかし、道を間違えて、その新しいインターに乗り損ねたワタシ・・・。(T_T)
到着予定時刻は、17:55に・・・
結局、那覇ICから乗って、xxxkm/hでひた走り沖縄ICで降りたのだけど、会場到着した時点で、既に18時。スピ友Kちゃんから、市民会館の駐車場は既にいっぱいと聞いていたけど、とりあえず、クルマを中に入れて、オニイサンに「駐車場、だめですか?」って聞いたら、「いっぱいなんです」「どこ止めたらいいですか?」って聞いたら、「とりあえず、ここを出て、横の道路に路駐していただくか、先の方になんたらというお店があるので、そこを利用していただくか・・」
市民会館沿いの道路に出るが、行けども行けども、路駐の行列。これ以上遠くまで行ったら、間に合わない。脇道に入ったら、ただの空き地じゃないんだろうけど、畑の入り口なのか、資材置き場なのか、スペースがあったので、ええい、ここに止めてしまえ、と、一抹の不安を感じつつも、クルマを止めて、会場へ走る。上り坂を走る。死にそうになりながら走る、走る、走る。会場に到着したのが、18:10。ライブ前なのに、すでに息切れ。ぜいぜい。

とりあえず、スピ友Kちゃん、Hちゃんに「間に合いますた」メェル。
ぜいぜい、ぜいぜい・・・

メンバーがステージに登場したのは、その5、6分後。・・・開演に間に合ったのだ。

                                      ・・・つづく。

本日のBGM≫ナし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。