pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
in Zepp Tokyo

途中でビックリマーク。GO!GO!って。
070225_1618~0001

この前の日曜日、楽しみにしていたSPITZのライブな日でした。でも、イロイロ思うところがあってとか、・・・とか、とか、とか、とかね、あと、行っても楽しめないんじゃないかとか、・・・とか、とか、とかね、直前まで行くの悩んでいたのだけれど、でも、行ってよかった。癒されて癒されて癒されて帰ってきました。SPITZサイコウのバンドです。
去年のSPITZの夏イベは全く参加せずで、ここんとこのライブはず?っと吉井さんのみ。その吉井さんのライブから数えても1年もぶりのライブで、SPITZのライブはなんと、一昨年の12月のあまったれ@沖縄遠征以来でした。今回参加のファンクラブ限定ライブの、ゴースカは2004年に続いて2回目の参加。マサムネさん、久しぶりだ。ラヴ!

当日、ZeppTokyoに16時頃到着して、17時過ぎにスピ友のモモちゃんと合流して、グッツ売り場に並んで、買いまくった。Tシャツ、バスタオル、お茶碗、缶バッチ2個買い。あと、カレンダーと、なんだっけ。いつものようにグッツ貧乏に。
しばらくして、沖縄遠征を一緒に過ごしたよ?こさんと超久々のご対面。今回は、ライブハウスでは珍しい全席椅子席で、よ?こさん前から5列目、モモちゃん11列目、わたし13列目。共に田村さん寄りで、と言うか、わたし、左端から2番目で、もろ端っこ。でも、これが後にラッキーなことになりますル。

070225_1618~0002

オープニングアクトは、初期のスピッツ。インディーズ時代の曲「ワンツーワンツー」で始まり、インディーズ時代を3曲披露してくれました。インディーズ時代の曲聴くのは、もちろんはじめて。当時の格好を再現してたらしく、マサムネさんは鋲の付いた革ジャン着て、ロックしてた。似合ってたし、超カッコよかった。ワンツーワンツー、.ハッピー・ディ、.八王子、それから、昔の話のとき「逆転ピース」を少し歌ってくれた。

マ「1987年頃の流行語とか、覚えてる?あのね、ワンレンとかボディコンとか流行ったんだよね。あとファミコンとか、そうそう、朝シャンとかね」
マ「今って朝シャンって言わないのかな?なんて言うの?」
テ「ん????何も言わないんじゃないの?」
マ「もう普通に、朝、シャワー浴びる人とか多いから、言わないのかな?昔はお風呂は夜入るものだったからね」そんな感じのMCだったかなあ。崎ちゃんとてっちゃんがメンバーに加わる前、田村さんとスピッツって同じ名前でバンド組んでて、その時、バブル崩壊を予言する歌の話し、「シャボンの泡にも明日がない」って曲を作っていて、未来を予言してたんだ、俺ってすごいって思ったとか、セットリストももしかしたら順序違うかも。MCのキヲクも前後ぐちゃぐちゃのネタばれです。

以下長いので、割愛して下さいね。わたしの記録用です。(。・ε・。)む?ぅ。

マ「このままで終わらないと信じてます、って知ってる人いるかな」
タ「神戸のチキンジョージって、今はないライブハウスでライブやったとき、草野のギターの弦が切れたんだよね。で、当時は今と違って、ギター代えてくれる人いなかったから、草野が楽屋まで走って取りに行ったんだけど、あのときの楽屋ってものすごく遠いの。5分くらい」
マ「え?ご、5分もあった?」
テ「5分って言ったらサ、お台場の橋渡れちゃうよな?」
テ「うん、いや(ごもごも)、とにかく、遠かった。で、草野がいないとき、俺らどうしていいか分からなくて、下向いて、チューニングしてる振りしてたんだけど、俺のなんて4本しかないからすぐ終わっちゃうんだよね。で、チューニングに失敗した振りして、またこんなしてやったりして」
マ「そう、それで、俺が戻ってきたら、会場が変な空気になってて。変な空気のまま、ライブ終わって、その時のアンケートに、「このままで終わらないと信じてます」って、優しい言葉もらったんだよね」
あはは
マ「では、八王子・・」 タイトルの言い方がカッコよかった。(人´?`*)♪

ショキッツ?がいったん、ステージから降りて、スピッツ登場。軽いリズムのCrispy!からはじまる。楽しい、なんて楽しいんだ!って思った。
マ「みんなね、見えなかったと思うけど、さっき、当時の格好を再現して、靴チョッカー履いてました。いや、この年でチョッカーは堪えるね。スニーカーに履き替えてきました(足を見せる)」
会場リクエストでは、チェリーが3位。う?ん、なんでチェリーなんだろか。微妙。そのあと、会場リクエスト2位の、「楓」。イントロで、つ?・・・つつと、涙が流れました。左目から零れて、右目からも。マサムネさんの綺麗な声と綺麗なメロディ聴きながら、このまま涙止まらないかと思った。やっぱり音楽ってよいなって、しみじみ思いました。ライブは特にね。

マ「ゴースカってことで、普段、ライブではあまりやったことない曲をやりたいと思います。今風に言うとなんて言うんだろ?レ、レ、レアな曲?」

う?つくしく実る稲穂に?♪愛を知る?夢も終わるこ?ろ♪
うわん!稲穂でした。(人´?`*)♪

マ「今回のゴースカは、会場リクエスト20位の曲を当てるってのを試みたんですけど、えっと、今日は、12名います。じゃあ、田村から発表して下さい」
田村さん、崎ちゃん、てっちゃん、マサムネさん、3人ずつ、会員番号と名前を読み上げる。もしかしたら・・・と、淡い期待を抱きつつ、わたしの名前呼ばれるかな?って思ったけど、期待は泡になって消えた。でも、何の曲を書いたかうろ覚えなんだけど、魔女?を書いたような記憶が曖昧。これ、前の日、Zepp1日目のとき、20位だったんだって。いいなあ、聴きたかった。(T_T)
マ「えっと、ライブが終わったら、当選者の人にプレゼントがあるので、会員証持って、ロビーのとこに行ってもらってくださいね」
会場20位は「夜を駆ける」でした。わたし、この曲でスピッツに嵌ったので、じ?んとした。双六で出会った、はじめてのスピッツ。あの時の光景、今でも鮮明に覚えてます。2002年11月7日@大宮ソニックシティ。誰も知らないあの時のわたし。
そのあと、新曲2曲披露。
マ「ネズミの進化は仮のタイトルじゃなくて本タイトルです。点と点の点は赤点の点」
テ「マサムネはね、本当は)物まねとかギャグをやりたいんだって。でも、それは俺の役目だって言うんだよなぁ」
マ「てか、モノマネすると、そのあとの自分の曲もモノマネになっちゃうからね。と言うことで、次は、モノマネというか、カバー曲のコーナーに入るんですけど。」
テ「うまいねェ!」

悲しみの果て(エレカシ)  超やばい!
リンダリンダ(ブルーハーツ) メッチャやばい!

「悲しみの果て」は、一昨年の夏イベで聞いたけど、エレカシが歌うのとはまた違って、マサムネさんのハスキーで透き通る声、シビレル!「リンダリンダ」も、ヒロトの壊れた感じとはまた違って、ナイスなロック!どっちもCD化して欲しい。カバーと言えば、ユーミンの「14番目の月」という曲をスピッツがカバーしてるんだけど、この「14番目の月」、わたしはこの曲自体知らなくて、スピッツのカバーを聞いたあと、ユーミンが歌ってるの聴いたけど、ユーミンが歌うのは何か変で、スピッツの方がバシッと決まっていて、スピッツの曲だとしてもいいくらい、怪しいロック調。何かこれ聴きたくなって、CD探してるけど、どこにもな?い。(T_T)

マ「リンダリンダが一番盛り上がったね。俺らもね(笑)」
マ「では、またここから、俺ら、スピッツの曲を・・」
猫になりたいで、あったかい気持ちになって、ヒバリのこころでいい感じに、バニーガール→8823で壊れました。やっぱり8823はライブに必要不可欠。頭カラッポになって、自然とこぶしが上がって、これでもかって飛び跳ねます。それが原因で、次の日いつも足、筋肉痛で歩くのも困難になるのだけれど、イントロ聴いただけで?の条件反射。壊れすぎて、自分を見失ってます、いつも。
最後に会場リクエスト1位の曲、魔法のコトバで、またあったか?い気持ちになって、本編終了。何かの曲の時、田村さんはじけすぎて、転んでた。(*´艸`)

アンコール、マサムネさんとクージーふたりの登場。拍手歓声の中、みんな席を立ったけど、「あ、あの、座っててください。ははは。えっと、新曲で弾き語りをやります。Pってタイトル。まだ仮タイトルだけど。ピーはね、えっと、駐車場、パーキングのP。」
俺の全てで〆。

全ライブ終了後、これは初の試みで、メンバーの写真撮影会。デジカメと携帯片手に頑張ろうと思ったけれど、結局、デジカメオンリーで。フラッシュたくと暗いし、たかないとピンボケで・・・。数枚くらいよく撮れたかな?って思ったのもあったけれど、PC取り込んだら、やっぱりボケてるの多かった。
この撮影会は、ネット上に公開してはいけないのが前提。最後に、メンバーと、お客さんとの集合写真。会報に載るのかな?わたし写ってるかな?楽しみ。

*;*;*;*;*;*;*;*;*;*;*

本編、アンコールと終わった毎に、てっちゃんとマサムネさんが、ピック投げ。アンコール終了後、小さなカケラが飛んでいくのを眺めながら、いいなあ、こんな端っこなんてこないだろ・・・って諦めてたとこに、マサムネさんの最後のピックがコッチに向かってピュン!隣の席の人をサッとかわして、斜め後ろに居た人と、地べたに落ちたピック、カルタ取り状態。
「キャ~キャ~キャ~、すみません、●Яll%?∵アh!!@ヲ~~☆*△?≫&!ゝёゝ・・・!!!」
興奮して何を言ってるのか、意味不明。指と指が絡まって、しばし、なんつ?か、知らない人と、熱い手の抱擁。その時間、何分だったのか、何秒だったのか分からないけれど、「・・・譲ります」って言われた。「すみません、すみません、ありがとうございます、すみません、xxxx、」って、なんて言ったか、この辺りかなりキヲク飛んでいるんだけど、譲ってくれた人に、ゴメンナサイとありがとうございますを繰り返し言ったあと、申し訳なくて顔上げれなかったです・・・。だって、逆の立場だったら、泣くし。


070228_0212~0003

でも・・・ぉ、やった?!嬉しいよ?ぉ!
マサムネさんの、ピックget!!!!!
実は、前回のゴースカでも、マサムネさんのピックgetしていて、双六のツアーではてっちゃんのピックをgetしてるので、これで、3枚目。(人´?`*)♪ ライブ終わって、モモちゃんと、よ?こさんとよ?こさんのお友達に、紅潮した顔&興奮状態でピックgetを報告。
※一番下が今回getしたピック。

「すごいね!やったじゃん!よかったね!」って言われたけど、モモちゃんもピック2枚だか3枚getしてるし、よ?こさんなんて、崎ちゃんのスティックgetしてるそ?な。崎ちゃんのスティックはかなり貴重と言うか、モノが大きいから、争奪戦がすごいんですよね。あまったれの福岡遠征のとき、崎ちゃんのスティックが近くに飛んできて、わたしの手には届かなかったけれど、その争奪戦を目の当たりにして、すげ、怖かった。^^;;
そんなこんなで、しばし盛り上がって、バイバイして、スピッツの曲聴きながら幸せの余韻の中で帰宅しますた。この幸せを与えてくれた、メンバーとスピ友ちゃんとBRIDEに感謝なのです。

わたしは二口会員でファンクラブに入っていて、今回も当然、二口申し込んで、ラッキーなことに、どっちも当選したので、次の楽しみ(ゴースカ)があります。ファンクラブ限定ライブと言っても抽選なので、ファンクラブに入ってるからといって、必ず行けるとも限らなくて、落選してる人もいる中、ふたつも当選して行けるなんて幸せ。
今度は4月、SHIBUYA-AXでのスタンディング。まだ、チケットは到着してないので、整理券番号未定だけれど、番号がよかったら、死ぬ覚悟で最前を狙いたいなあと思いつつ、今は、お仕事、かなり頑張ってます。(●・ω・●) 嗚呼、精神的疲労。


GO!GO!SCANDINAVIA vol.4 ZeppTokyo 2007.02.25

01.ワンツーワンツー
02.ハッピー・ディ
03.八王子

04.Crispy!
05.チェリー(会場リクエスト3位)
06.楓(会場リクエスト2位)
07.稲穂
08.リコリス
09.ラズベリー
10.夜を駆ける(会場リクエスト20位)
11.ねずみの進化(新曲)
12.点と点
13.悲しみの果て(カバー@エレカシ)
14.リンダリンダ(カバー@ブルーハーツ)
15.猫になりたい
16.ヒバリのこころ
17.バニーガール
18.8823
19.魔法のコトバ(会場リクエスト1位)

EN1.P(新曲仮タイトル.マサムネ弾き語り)
EN2.俺のすべて

本日のBGM≫SPITZ[バニーガール]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。