pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院中のことを綴りたいのだけど、書こうとするとなぜか頭の中の整理が出来ないの。その代わり、洋服と和室の整理してました(違)。21日から整理し始めて、今日やっと全部の片付けが終わりました。ちょうど1週間かかったのね。

わたし、洋服が大好きで、捨てられなかった。捨てるなんて考え、全くなかった。一昨年、過食症になって体重が一気に増えた時、着られなかった洋服たち。去年、バイトしてた時、拒食症になって、一時よりは体重は落ちたものの、やっぱり入らない洋服とか多々ある。それでも、デザインや形が気に入ってるものは、捨てずに取ってある。いつか、体重がベストに戻ったら、着れるように...。

それでも、200着以上の洋服の処分をしました。あと、一度も着てない洋服とか、お義母さんが着れそうな洋服は、短ボール、5箱に詰めて宅急便で、びゅ~ん。お義母さんから、届いたって連絡があったのだけど、あまりの多さに驚いていたわ。

退院してから、睡眠状態があまりよくなく、夜中、目が覚めることが多かった。眠れないので、洋服の整理の作業は、真夜中にやることが多かったわ。うちのマンションのゴミ置き場は、鍵を持っていれば、24時間捨てれるので、真夜中に何度もゴミ置き場往復したりね。

和室、足の踏み場もなかったのに、本当に綺麗になった。誰かが泊まりに来たら、お布団も敷ける。なにか、嬉しくて、用事もないのに、和室に入ったり、タンス覗き込んだり。

ふふふ。

なんだろ。この夜中のやる気のある気配と、日中のやる気のない気配。

明日で2月も終わりね。

3月だなんて春でしょ?わたし、本当に病院で冬を越したんだわ。
あの冷やかな冬。

でもね、いろんなこと考えると、何かかやるせない気持ちになる。多分これが来年、再来年まで続くんだろ。去年の今日は、去年の今日は、去年の今日は、みたいな。過ぎてしまった時間も失ってしまった何かも、・・・それから信頼とかね、取り戻すことはできないし、後ろばかり見ても仕方ないけど、だけど、時々、なんだったんだろう・・・って、不思議な気持ちになる。情熱であったり強さであったり、息切らすことなく屈託のない笑顔で手を取り合って、全速力で駆け抜けていった..... にも似てる。

なんだったんだろね。

刹那な.....
夢.....?
幻.....?

いろんなこと、消化してきたつもりだけれど、少し消化不良のところもあったり。原因が分かっていながらも、どうすることもできないから、なおもどかしい。

この先どうしようかな、とか考えてもどうにもならないし、どうなるか分からないし、とりあえず、毎日を刹那にと過ごすだけ。頑張れない日もあったり、頑張れる日もあったりだけど、今週は情緒不安定ながらも、かなり頑張れたと思います。上出来と思う。

本日のBGM≫Mr.Children [Drawing]
20:29.......
スポンサーサイト
お姉さんが午後、迎えにくるまで、シャワー浴びてまったりしてます。

猫つんのいる生活。
なんて幸せなんだろう。

病院に戻るの、本当に嫌だわ。
出来ることなら、このまま退院したい。
わたしは、今のところ、もう大丈夫だから。

ごく普通の生活、猫つんとのしばしのお別れ・・・、なんだかもう泣けてきちゃう。

本日のBGM≫Spitz [14番目の月]
せば。ヾ(*'-'*))
9:08.......
12月に入院して、もう2月・・・。なんだかあっという間でした。

今回、入院51日目にして、初めて、お試し外泊しました。目的はカイ、メイちゃん、ふうちゃんの病院の為。昨日、14時出発の2泊3日の外泊です。でも、昨日の朝は、外泊するのが辛くて頭も重たくて、お家に帰るのが嫌でした。だけど、自宅に戻って、すぐ洗濯ものをしたの。で、隣のコンビニでお弁当買って食べたら、すっかり落ち着いちゃったわ、わたし。

カイの目が爛れてひどいの見て、お姉さんが「今(昨日)、クルマで病院に連れてってあげよっか?」って言ってくれて、カイとメイちゃんを連れて、病院に行ったの。メイちゃんは体重が2.8kgだったのが3.0kgとほぼ横ばいで変わらずだったので、いつものように皮下点滴を。問題はカイで、体重が4.2kgあったのがこの(約)2ヶ月で3.0kgまで落ちていて、目はばい菌が入ったらしく炎症を起こしていました。本当は目薬を使いたいところなんだけど、目薬はわたしでも難しいから、相方は無理だろうという話しになって、とりあえず、皮下点滴と目の処置と2週間の持続性のある抗生物質のお注射をしてもらってきました。あと、甲状腺のお薬もね。
相方には、カイにお薬飲ませてね、って言ってあるのだけど、飲ませないことの方が圧倒的に多いらしく、先生と相談して甲状腺の病気に効く、y/d缶の缶詰をあげることにしました。これは、さっき、相方にメール。ふうちゃんは、今日、わたしがタクシーで病院に連れてったのだけど(入院中の車の運転と自転車は禁止だから)、1日1回5単位しか打ってないにも関わらず、血糖値は高いことは高いけど、ケトンが出るくらい高いワケではないのと、あと1ヶ月のうちには、わたしも退院するだろうから、しばらくは今のままでいいとのこと。

昨日、今日とお家で過ごしていて、昨日の夜は夜中に目が覚めてしまって、よい睡眠ではなかったけれど、落ち着いて過ごせてる。わたし、思ったの。猫つんの為にも、1日でも早く退院しなきゃだめだって。もう、あの閉鎖された病棟に戻りたくない。相方、忙しくて構ってもらえなくても、このまま猫つんといっしょに穏やかに生活していきたいわって。でも、明日の午後には戻らないと・・・。
でも、戻ったら、相方にメールして、早めの退院をお願いしてみよう。本当は今夜、話し合えればいいんだけど、わたし、もうすぐ寝ちゃうし、朝は忙しいし・・・。でも、昨日みたいに、相方が帰ってきたとき、目が覚めたら、話してみよう。

メイちゃんは愛情に飢えた子のように、ずっと甘えてきて抱っこされてる。ふうちゃんは心なしか沈んでる感じもするけど、時々スリよってくる。カイはさっき書いたとおり、痩せ細って、げっそりしてる。レンちゃんは、昨日の夜になるまで、姿を見せなかった。お薬にしてもインスリンにしても、ご飯のあげ方にしても、相方は忙しい中、よくやってくれてるとは思うけど、やっぱ、このままだとだめだ。わたし、早く退院しないとって心の底から思ったわ。

病院に居たときは、退院するのが怖いって思ってたけど、今は、病院に戻るのが嫌。大好きな猫つんといっしょに、このまま過ごしていたい。

ああ、あの日の夜の出来事はいったい、何だったんだろう。

本日のBGM≫なし。
せば。ヾ(*'-'*))
21:08.......
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。