pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曜日に会社を早退して、マツダの東京本社に行ってきました。筑波での事故の調査結果の報告の為です。同席されたのは、広島から来られたお客様相談室のY氏、マツダ株式会社の技術サービス部の方がふたり(8823号担当と55号車担当)、それから埼玉マツダのサービス営業本部の方、そして、うちのDラの店長(来ると思っていなかった)。風来坊さんのところの店長さんは、身内の不幸があったということで、急遽来れなくなったということでした。電話で話したことはあるけれど、お会いするのは初めて。そんなY氏の印象・・・、狡獪。(*ゝω・*)ノ すみませぬ。

結論から言うと(印象かな)、4ヶ月という時間をかけながらも、ぐるりと1周して、結局、また同じところに戻ってきたのね、という印象を受けました。そして、100%安心(安全?信頼?)できるクルマなんてありえないんだ、というある種の諦めに似たようなものも・・。ただ、だからといって、いろんなこと、4ヶ月という期間も含めて全部が無意味だったということではないし、風来坊さんのアドバイス含め、こういう話し合いの場所を提供していただいたこと、埼玉マツダ、そして、マツダ株式会社両方から調査していただけたことに関しては、とても感謝しています。
..............................................

はじめに、それぞれ「RX-8 ABS作動せず ブレーキロック 現車および回収部品調査の結果について」という資料を渡されて、その資料に基づきながら、それぞれの技術サービス部の方から、説明を受けました。
故障コードについて、わたしは、コンバイン・センサの故障コード(衝突によって検出されたのではないかと推定されるとのこと)はあったと説明は受けていて、それ以外の故障コードは出なかったと言われていたのですが、実はもうひとつ、ストップ・ライト・スイッチ(ブレーキスイッチと同じ)の故障コードも検出されていたのでした。これに関しては、Dラがどうの、誰がどうの・・責めているのではなくて、「ああ、あったんだあ、そっか」って、程度です。

この事故には、いくつかのキーワードがあると思うのですが、わたし的には、「ストップ・ライト・スイッチ」が一番のキーワードです。エイトリアンさんがABSが効かず、ロックしてしまったこととは原因が違うようなのですが、わたしと風来坊さんの原因として考えられるのは、ストップ・ライト・スイッチの何らかの不具合でした。頂いたレポートの最後に「所見」として書かれている部分(8823号のです)。

「上記、現車および回収品調査結果から不具合至った原因を特定することはできなかった。ただし、故障コードから、何らかの原因によりストップ・ライト・スイッチの一時的な固着、もしくはその系統に一時的な断線が発生し、ABSがフェイル(フェイルセーフ機能)した為、通常ブレーキとなり、ABSが作動しなかったものと推定します」

これが、結論でした。ABSには全く異常はなかったけど、何らかの不具合によりストップ・ライト・スイッチがオンにならなかった為に起きた事故。2月に調べてもらったDラの回答と、ほぼ同じでした。

それで話しは終わりかというと、そうではなく、この件に関しては、今後、どこかに但し書きがあると思います。マツダ株式会社がパーティーレースの協賛をしている(サーキット走行ですよね・・)ということから、今後、パーティーレースに参加されている方々には、走る前の注意事項として、今回の事故のことを参考にしながら、皆様にご理解いただけるような方向で、説明みたいなのがあるようなことで、別途、話しはすすんでいるのだそうです。ある程度、メーカーとしても認めているということなのかな、と思いました。認めれないのだけれど認めている、みたいな。

このストップ・ライト・スイッチのオン・オフなのですが、以前、日記にも書いたのですが、「何らかの不具合」というのがなんであれ、今、きちんとオンになっているのかそれともオフなのか、どうやって見分けれるのか、見た目で分かるのか、どなどな、質問したら、テスターがあれば確認できるし、見た目でも分かるのだそうです。ブレーキペダルの前側についていて、もぐれば見れて、ブレーキを踏むとスプリングがついたピンがビヨ?ンと伸びていくのだそうです。伸びることによって、中の接点がくっついて、オンになり、ペダルから足を離すとオフになるということでした。画像載せてないので、分かり辛いですね。

技術の方のお話しです。
「今回は、ブレーキペダルを踏んだのに、そのピンが何かの理由で動かなくて、ついていかない、だから、オフの状態、離れた状態で、オンにならない・・、だったんじゃないかなと。ここから、DSCまでの配線が出ているのですが、振動か何かの理由で、電源が切れてしまってオフの状態が続いてしまった、踏んだにも関わらず・・。そうした場合には、この故障コードが載って、ABSが効かない状態・・・、通常のブレーキを踏んでいることにより、油圧が上がりますので、その油圧でローターを挟んで、パットがそういうブレーキの効き方になってしまう。推定で回答しているので、100%おきませんよね?という言われ方をしてしまうと、そうじゃない場合もある、もしかしたら、また起こりえることもあるかもしれないです・・」

次の疑問が出てきます。 ABSはストップ・ライト・スイッチの何らかの不具合でキャンセルされたとしても、ノーマルのブレーキは残っているのに、ブレーキの踏み始めからどうしてすぐにロックしてしまったのかしら。昔のクルマにはABSはついていなかっただろうし。 今回は・・、ブレーキペダルを踏んでも、ストップスイッチは、オンにならなかった・・、故に通常のブレーキ・・、すぐロック・・(頭の中でぐるぐる)。

話し戻って、ストップ・ライト・スイッチのオン・オフですが、いちいち確認しながら乗ることなんてしないし、それに、走行中にオフになってしまった場合、全く防ぎようがないし、どうやってそれを見極めればよいのかしらん。これについては、風来坊さん担当のサービス技術の方が、「そういう時の為(ブレーキ系統不具合)に、ワーニングライトがつくようになっているのです」と仰ってました。
8823号を担当していただいたサービス技術の方はたまたまRX-8に乗られていて、ご自身のクルマで実験的に、ストップ・ライト・スイッチがオンであるはずの状態で、強制的にオフにしたところ、ABSの警告灯、DSCの長押しのマーク、DSC OFFのマーク、この三つが同時に点灯することが確認できたのだそうです。ブレーキ系統で何らかの異常があった場合、三つ同時に点灯。三つ同時にパッと点く。その話しを繰り返し話してました。

記憶が曖昧になってきてはいるのだけれど、わたしの場合、三つ同時には点かなかったし、三つ同時に点いたら、いくらなんでも絶対気がつくはず。1コーナー進入時、必ずメーターは見るし、事故の時も確認していました(何?出ていたか)。
でも、メーカー側から言うと、それは(三つ点灯)、どのタイミングだったのかは分からないし、わたしが見ていないということもあったかもしれない。それに、RX-8というクルマには、二つだけしか点かないとか一つだけしか点かないという状況は存在しない、クルマとしては、そういう設定はされていないのだそうです・・。
これに関しては、風来坊さんが話しを聞きながら、取説を確認していたら、「そういうことは一切書いてなくて、異常があった場合は、ABSとブレーキの警告灯が同時に点くとは書いてあるが、DSCが点くとは一切書いてないですよ」と指摘しました。両技術の方も、客相のY氏も「う?ん」と言いながらメモしていたので、もしかしたら、取説が変わってくるか、何らかのお知らせがあるのかもしれません。

技術の方は、その話しのあと、ちょっと困ったような口ぶりで、「DSCをキャンセルしての検証はしていないので(できないので?)、そういう場合、三つ同時に点灯するとは言えないかもしれませんが、DSCオンの状態で検証した限りでは、ワーニングランプは三つ点灯する、これは断言できます」、と話していました。

「ストップ・ライト・スイッチ」

何千円かの安い部品です。

わたしは、エイトが発売されて5年経って、その部品の消耗、もしくは劣化による何らかの不具合が起き始めているとは考えられないのかしら?その部品に関して、わたしたちだけのではなく、メーカー側からサービスキャンペーンみたいに、点検の呼びかけみたいなことしないのかしら?と思ってました。それを話したら、「まず、今回のことが初めてという前提があって、不具合というかこういう事故が起こって、初めてストップスイッチをクルマから外して調査したということ自体も初めてなので、他のクルマを調査したわけではないので、消耗してますね、という判断をすることをしていないので、そこについては答えることができません(日本語変ですね )」、と話されてました。全部回収して、となるとリコールに結びつく話しになってしまうので、難しそうにしていました。「こういうことがないように、お客様には、きちんと点検をしていただいて・・」、って言われて、「してますよね」わたし@店長さんにニッコリ。店長さん@苦笑い。

それから、8823号から回収したストップ・ライト・スイッチには取り外す際についたと思われる傷が認められていました(画像添付有)。シャフトが通常より突出していた、なぜかは分からないけれど、引っぱられた状態になっていたとのことでした。シャフトは、内側に戻ることしかできないので、人為的でないと突出することはないのだそうです。そこに傷がついていることによって、シャフトが中に入る時に、渋りというか引っ掛かりが発生するということも認められているし、押し込まれる量が多くなるので、ストップ・ライト・スイッチがオンになるまで、ちょっと時間がかかってしまうとのこと。ただ、誰がやったのか、いつなったのかと言うのは、部品を回収させていただいた時にそうなっていたので、それより過去であることは分かるけれども、いつなったのかも分からないし、事故時になっていたともいえないので、頂いた調査報告書には書くことができなかった、書く結論には至らなかったのだそうです。

ストップ・ライト・スイッチ点検、ブレーキ・フルード・プレッシャ・センサ点検、ブレーキペダル点検、部品回収された、ストップ・ライト・スイッチ、DSC HU/CUの点検、何れにも異常は認められず(8823号のストップスイッチの傷を除いて)、推定、推定ばかりになっているのですが、メーカーからの今回の事故の原因はABSの異常ではなく、ストップ・ライト・スイッチの何らかの不具合で、これがオンにならないだけで、ああいう事故が起きるだなんて、今まで、ものすごいリスクを背負って走っていたんだな、と痛感しました。パーティーレース参加者の方には、何かしらのメッセージはあるにせよ、走行会レベルではそういう話しはないと思うので、サーキットを走る方は、一度見てもらった方がよいのかもしれません。

そして、最後、補償についてですが、客相のY氏のお話しを聞いていて、「絶対嘘だ」って思った部分もありましたが。
「メーカーの立場から言えば、クルマを造るにあたっては、道路交通法の保安基準に則って造っているし、そしてそれは、あくまでも道を走るためだけに造られているので、道を走って起きた事故、故障コードについてはメーカーの責任はあるけれども、(RX-8が)道以外の場所・・、サーキットを走るのに対応するような設計(はしていない)、またはサーキットでのテスト(走行)はしていないので、そこで(サーキット)起こった不具合については、(金銭的な支援)扱えないんですよ」と話していました。 「お気の毒とは思いますが・・・」 と。

サーキットでのテスト走行、本当にしてないのかしら。GT-Rが開発されたドキュメンタリー番組を見たけれど、ニュルでのテスト走行とか、あと、菅生(だったかな)でも、何度もテスト走行繰り返してましたけどね。MINEサーキットを試験場とする前?RX-8の開発。三次では、何のテストしていたのかしら。ありとあらゆる角度からテストするのではないのかな。分からないけど・・。
ただ、正直な話し・・、やらしいけど、壊れ度具合にもよると思うんですけどね。これが、バンパー交換くらいで済めば、まあ、仕方ないな、それにしても、あれは一体何だったんだろ ......(o・ω・o)? くらいで終わっていたのかもしれないし。

納得できない部分は無いと言えば嘘になるけれど、でも、すっきりしました。
いや、少し消化不良 .......

人が作っているものだから、100%安全とは断言できないという諦めというか、許容するべきことなのかな、と。推定でしか回答できない原因に対して、「納得できない」といい続けることもできるかもしれないけれど、言い続けてもどこにも辿り着けるものではないし、究極、そんなに納得できないのなら、エイトに乗らなければいいじゃん・・となるし(言われたし)。でも、わたしは、8823号に乗りたいし、いろいろ逝っちゃってるので、てんてんてん ですが、エイトならなんでもよいか、と言えばそうではなくて、修理費用云々だから、買い換えした方が・・、の他のエイトではだめだし。

2月に見積り取って、それから4ヶ月以上も経っているので、見積り自体も若干変わってくるとは思うし、タイヤも買わないとだし、走行できる状態になって見つかる不具合もあったりするので、最終的にはいくらかかるのか分からないけれど、見積りを取っていただいて、来週、修理に入る予定です。なので、明日の午前中に、Dラに行って、ボディカバーを外しに行きますの。雨、降らないといいんだけど・・

もうTC2000は走らないかな。この心情って事故起こした人でなければ分からないのではないかなあ、と思います。わたしが事故を起こしていない立場だったら、「あの事故、ホントに気の毒だけど、でも100%大丈夫とは言えないにしても、滅多に起きないことだから、まさか自分がね・・」と、思うのではないかなあ、と。実際、今、少しはそういう気持ちあるんです。8823号が直ってきて、またTC2000走っても同じようなこと(事故)、いくらなんでも無いんじゃない?って。だから、「走らない」ではなくて、「走らないと思います」なんですよね・・。ただ、万が一、同じことが起きたら・・、あんな目に遭うの本当に怖いし、もう二度と、8823号を壊したくないという想いの方が強いから・・・、そう、もう絶対、壊したくない。だから、走らない(多分)。吉岡氏の「車を壊さずにうまくなった人は皆無です」の言葉が頭を過ぎるけれども、やっぱり壊したくない。

それでも、走りたいは走りたいので、走るとしたら、リスクの少ないHDSか、TC1000のようなミニサーキット、ジムカーナくらいかな。いっしょに走ろっ♪やYRSとか。おデ?ト カーにしてもいいしね。ぼうちゃん乗せて。

本当に本当に長かったですの。鬱状態になった時期もあったし、強い苛立ちを感じたこともあったし、考えるのよそう、って何度も現実逃避。それから、八つ当たり・・。とばっちり受けた人もいたはず。
やっと、小さな が... 見えるといいな ................. まだ見えない

へばな。
コメント
この記事へのコメント
色々大変でしたね。。
でも、そこまでの事情の請求をDラーがやってくれたのは、スゴイなぁと思います。所詮、Dラーってそこまでのアフターしてくれない気がしてました(私の考えでは)。
なんとか良い方向に向かって直してまた可愛がってあげてください^^
2008/06/08(Sun) 02:39 | URL  | ドナルド #xfH9rAAU[ 編集]
なるほど、メーカーから説明はあったんですね。

やっぱり、金銭的な保証は無理でしたか・・・。

あれだけの事故だとサーキットから足が遠のくのも仕方ないと思います。
(自分も怖いです・・・)

ジムカーナならわりと安全ですし、そっちの方面で楽しむ形がいいのかなぁ。

サーキット走行のリスクについて改めて考えさせられました・・・。

めげないで下さいね。
2008/06/08(Sun) 04:20 | URL  | 加藤@FD3S #SFo5/nok[ 編集]
i-267 ドナルドさん

ここまで漕ぎ着けることが出来たのは、全部、風来坊さんのおかげですね。
わたしひとりでは、こういう展開にならなかったと思います。

まだ、風来坊さんの方で、動いてくれていることもあって、
全部の回答を貰っていないし、全面解決までは至っていないのですが、
とりあえず、8823号を修理に出すことができて、それが一番嬉しいです。
ありがとうございまする。i-260


i-220 加藤さん

金銭的な部分では、実は、水面下で動いてるところもあります。
それは、どういう動きか分からないけれど・・
ただ、メーカーの立場としては、出来ませんよ、としか言えないのでしょうね。
「じゃあ、今回は・・」と認めてしまえば、サーキットで起きた事故への補償、
そういう事例が過去にあったということで、記録に残ってしまうと、メーカーとして・・・

加藤さんがいつも言ってる、「楽しく安全に走行」
わたしも、サーキット走行においては、それが一番だし、
あくまでも趣味の範囲なので、楽しい汗をかきたいですね、涙ではなく。
めげないで頑張ります。8823号の為に働かなくては。i-202
謝々でございまする ....i-260
2008/06/08(Sun) 10:19 | URL  | めい #mQop/nM.[ 編集]
すごい辛かったんやな・・・
2008/06/08(Sun) 20:11 | URL  | ニセ #S/CcGjVQ[ 編集]
ようやくココまできましたね

>エイトならなんでもよいか、と言えばそうではなくて

この気持ちは良く分かります
俺もFDに乗ってた時に峠でクラッシュしてしまい、100万以上かけて直しました
買い替えも考えたけど、ラインに乗ってる時点から押さえた車。ある意味俺の相棒になるために生まれた車だったから他のじゃ姿形は同じでも俺のじゃない!って気持ちでしたからね

まずは8823号を復活させて、走るか走らないかはその後でいいんじゃないですかね?w
復活の報告待ってます♪
2008/06/08(Sun) 20:15 | URL  | take0426 #HjmyMJ92[ 編集]
i-80 lovehyde

大丈夫。d(。ゝд・) 謝々 ...i-260


i-81 take0426さん

長かったですね。1月の6月ですものね。
バケツにお水、ありがとうございました。そして、赤旗中断させてごめんね。
FD乗ってたんですか。
スピリットR?
わたし、クルマには全然興味なかったのだけど、
ある日、FDに憧れて、FDが欲しくて、クルマの運転できるようになりたい!って思ったんですよね。
でも、運転ができないので、FDは諦めました。笑
相棒っていい言葉ですね。
まさにそうです。
わたし、まともに運転もできないのに、いきなりMSVで、
でも、こんなわたしに付き合いながらも、いっしょに頑張ってくれて、何度も助けてもらって・・。
見た目は同じだったとしても、そう、8823号じゃない。

早く直ってくるといいな♪
うん、それからですよね。i-179i-185  多謝...i-260
2008/06/08(Sun) 21:37 | URL  | めい #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。