pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かいめいふうちゃん連れて、阿佐谷ペットクリニックに行ってきました。KOO(院長)先生のところです。今回、白猫めいちゃんは3年越しの咳・くしゃみ・鼻水・鼻づまり、かいは便秘気味等、ふうちゃんは、今は落ち着いてきているのだけれど、皮膚のアレルギーと、このところお水ばかり飲んで、大量のおしっこをしているので、そういうの諸々と健康診断を兼ねて、観てもらって来ました。
わたしの一番の心配はめいちゃんだったけど、結果としては、ふうちゃんに一番、びっくり診断が下されました

めいちゃん、かい、ふうちゃんの順で、それぞれ、お熱測って、問診、触診、血液検査という感じ。かいがね、恐怖のあまり診察台で、失禁、失便。でも、そのおかげで尿の検査もできたし、それから、ウンチ君も診てもらえたので、よかったかも。血液検査の血をとるのも大変で、一番お利口だったのがふうちゃん、次がかい、めいちゃんは・・、暴れましたね。わたしも手、噛まれました。

最後に診てもらったふうちゃんの血液検査の結果ですが、コレステロールと血糖値の数字がすごく高いことが分かりました。コレステロールの正常値が65-255に対して7400mg/dL(ちなみに、かいは156、めいちゃんは194)、血糖値の正常値76-145に対して437mg/dL(ちなみに、かいは138、めいちゃんは105)。数字にすると一目瞭然。すごくびっくりしました。ふうちゃんが言われたのは、高血糖症、糖尿病の疑い有りとのこと。ただ、興奮して数値が大きくなっている場合もあるので、とりあえず、お薬とそれから、皮膚アレの為の食事療法で、食物繊維の高いドライフードをもらって(便秘気味のかいにも有効)、どれくらい食べたか、食事管理して、2週間後にまた病院に連れてって、どんなだか診てもらいます。ちなみにめいは、猫喘息でした。こちらも追々...。

090502_1047~01 090502_1048~01

KOO先生は、ひとりひとりとても丁寧に見てくれました。志木の先生はいいんだけど設備があまり整ってないし・・、かと言って、駅前の先生はすんご?く威圧的なとこあるのでわたしは、ちょっと苦手。KOO先生はそういうこともないし、設備も整っているので安心して診てもらうことが出来ます。待合室にもたくさんの人がいました。みなさん、信頼されて来ているんですよね。わたしも今日行って、本当によかったと思いました。

090502_1103~01
そんなKOO先生の著書。「車イスに乗ったチロ」
http://poochnavi.com/books/asin/4087812685/
待ち時間、読みましたが、うる っとっしました。

ふうちゃんは、最近、ものすごい量の水を飲んで、大量のおしっこをするのだけれど、ホルモンの病気や糖尿病を患ったりした場合も水を飲む傾向があるそうです。全部、ちゃんと症状として現れてるですね・・。猫たちは、痛くても、具合悪くても、言葉を話せないので、わたしがきちんと注意して見てあげないと、手遅れになる場合もあります。
ふうちゃんに関しては、意外なところに病状が見られたのだけど(高血糖症、糖尿病の疑い有)、「逆に早めに分かってよかったね」、と言われました。わたしも、まだまだ勉強不足なので、今日頂いた資料やカタログ、文献読んで、みんなが健康でいられるように、みんなの様子をきちんと見てあげて、自分なりにちゃんと勉強しなくちゃといけないなあ、と、つくづく思いました。

記録として書きたいことは多々あるのだけれど、詳細は追々。

ここの院長先生、名医です、まじで。待合室にたくさんの人がいる理由、分かるような気がします。うちの近所の病院も紹介できると言われたけれど、KOO先生のとこが一番安心してお任せできるので、体調不良がなくても、最低でも、1年に1度、血液検査して健康診断をしてもらおうと思いました。ガチで長いお付き合いをさせていただきたいです。KOO先生に、リスペクト。ちなみに、うちから病院まで、45分くらいでした。

クンレンちゃんですが、こちらは、警戒心が強くて、逃げ回り、病院に連れていくことが出来ません。ワクチン接種も無理なので、かいめいふうちゃんの健康管理をしっかりすることで、クンレンちゃんにも健康でいられるよう、予防線張るしかないようです。ただ、朝、かいめいふうちゃんがゲージに入れられていく様を見ていたせいか、お家帰って来ても、ご飯の時間になっても、警戒していて、隠れて出てきませんでした。かなり賢しい猫です。賢しいと言うか警戒心強すぎというか。

夜、食事のあと、めいちゃんとふうちゃんにお薬あげたのだけど、少しして吐いてしまいました。今日の病院疲れが残っていたのかな。帰りの車の中で、ふうちゃんの脱水症状がすごかった。舌をだして、ぜいぜいはあはあ。途中ぐったりして、励ましながら、なんとかお家へ。連休なので、じっくり様子をみてあげれたらな、と思うけれど、なんだかんだと留守になりがちなんですよね。5、6日はずっとお家に居られるかな。みんな、お疲れ様ね。本当によく頑張りました

本日のBGM≫エレファントカシマシ [おかみさん]
せばね。ヾ(*'-'*))
23:48.......
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
 今日はお待たせする時間が長くて申し訳ありませんでした。
 やはり、ふうちゃんが心配です。高血糖が続くと脱水気味になるので、なるべく水分を取らせてください。
 お薬少し吐いたとのこと、いやで口から出したのなら良いのですが、一度しっかり飲んで胃に入った物を嘔吐したのだと少し胃を刺激しているのかもしれません。続くようならお電話ください。
 また、脱水が進行すると食欲も元気も急激に低下しますので、皮膚の戻り具合をチェックして進行するようなら早めに連れてきてもらった方が良いと思います。今日は疲れもあると思いますので、明日以降食欲、元気が回復するようであれば予定通りに来院して頂ければ良いと思います。
 
 本当の糖尿病でないと良いですね、糖尿病はやっかいです。猫は使えるインスリンのお薬の種類も少なく、人同様すべて注射薬ですから飼い主さんに覚えてもらってやって頂くことになります。それも、たいていの子が1日2回毎日欠かさずと言うことになります。
 うちの患者さんの中には10年以上コントロールしている方もいらっしゃいますので、あまり悲観的に考えないでください。今は血糖が落ち着いてくれることを祈りましょう。

 不安なことがあったら何でも相談してください。
 それから過大ともいえるご評価をいただいて光栄です。
 では、また。
 おやすみなさい。
2009/05/03(Sun) 02:19 | URL  | KOO(くー) #xfEiCw62[ 編集]
* KOO先生
昨日はありがとうございました。(*_ _)ぺこり。過大評価ではないです。本当によい先生に巡り会えた感でいっぱいです。夕べ、めいちゃん、ふうちゃん、それぞれ、吐いてしまったけれど、疲れもあったのかもしれません。今朝は、二人ともきちんとお薬飲んでくれましたし、その後も大丈夫のようです。いただいたカリカリは、サイエンスダイエットのシニアに1/3混ぜてあげたのですが、ちゃんと食べてくれたので、今後、切り替えても大丈夫のような気がします。かいのカリカリにも混ぜてみようかな、と思っています。

昨日の帰り道、かいめいちゃんは、車の中で普通にしていれたのですが、ふうちゃんだけ苦しそうに、「はあはあ」言ってました。高血糖のせいなのですね・・。インスリンの注射、わたしがするのは躊躇ってしまいそうです。お薬あげるだけでも、罪悪感が ....i-182i-202。なので、糖尿病じゃないことを祈るのみですが、それでも、先生のとこだと設備や、他の先生、スタッフの数も充実しているので、安心して任せることができ、とても心強いです。経過をきちんと見ながら、来院しますね。これからもどうぞ末永いお付き合い、よろしくお願いいたします。
2009/05/03(Sun) 07:06 | URL  | めい #uebO3AU.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。