pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、ふうちゃん病院でした(今日もだけど)。血糖値とフルクトサミンの数字、やっぱり高かったです 。今後の治療法としては、近所で皮下補液してくれる病院を探して、毎日皮下補液してもらって、次の土曜日に血液検査して数値が高いようであれば、インスリンの量を決める為の入院という方向。
皮下補液をしてくれる病院、車で5分のところにあって、昨日、予め電話で皮下補液だけお願いしますと話して、今朝、朝一で行ってきました。念のため、阿佐谷での血液検査のデータも持っていきました。病状というか状況をひと通り聞かれ、空腹時の血糖値を測りたいとのことで、16時半に再来院。血糖値は、384。阿佐谷の病院でのデータや、この数値からすると、インスリン投与していった方がいいとのこと。火曜日に来て下さいと、話しがなぜかとんとんとんと・・・。

YESともNOとも言えず、そのまま帰宅。わたし、ものすごく悩んで、家から近いというメリットは大きいけれど、どうせインスリンの治療していくのなら、今まで診れもらっていた阿佐谷の病院の方が、わたし的には安心なのです。「近い」と「安心(信頼)」で、ココロゆらゆら。お母さんと相方に電話して、あ?だこ?だ話して、2時間くらい悩んでましたね・・。その後、阿佐谷の院長先生ともお話しすることができて、院長先生は近所にいい病院があるなら、そっち通ってもいいし、うちの病院のデータも渡すので、いいように使ってくれて大丈夫ですよ、と話してくれましたが、わたしの性格に難があるのと(極度の人見知りと極度の心配性)、信頼面や話しやすさを考えると、ちょっと遠くても、やっぱり阿佐谷の病院なのでした。H先生にしてもM先生にしても、ふうちゃんへの接し方が本当に細やかなのです。

猫にはどう感じるか分からないけれど(相方曰く、何も感じてないだろと)、飼い主と先生との間の信頼関係って大切ですよね。今日は、久々に泣いてしまいました。なんでか分からないけれど、いっぱいいっぱいで、テンパッテル感じ。お母さん、しっかりしなくちゃ。

白猫めいちゃん鳴いて鳴いてうるさい。抱っこしながらあやしてます。猫語が分かれば・・

本日のBGM≫エレファントカシマシ [もしも願いが叶うなら]
せばね。ヾ(*'-'*))
21:59.......
コメント
この記事へのコメント
信頼
病院は信頼できるところが何より大切だと思いますよ。それは私も仕事上よくわかります。うちの場合、田舎なので隣街まで車で行こうとすると1時間はかかってしまうから、1時間以内ならOKじゃないかな。何よりスタッフやドクターに気軽に相談できるところが良いよ。

めいさんの気遣いはきっと猫に伝わります。猫だって信頼できないところに連れて行かれると不安になるしストレスになりますからね。
2009/06/08(Mon) 00:31 | URL  | ライーザ #z7YQW3dM[ 編集]
* ライーザさん
ありがとう。
日記書き終わってからもずっと悩んでました。悩みすぎで、気持ちが悪くなりました e-263
2009/06/08(Mon) 20:57 | URL  | めい #uebO3AU.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。