pick up !
  • 本家 ver.3

  • お知らせはありません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はふうちゃんと白猫、病院でした。ふうちゃんはいつもの血糖調整、白猫は鼻炎がひどいのと、変な咳をするのと、しこりみたいなのが見つかったので、それの診察。最近の白猫は、空気が乾燥してきてるせいか、鼻づまりが本当?っにひどくて、息するたび、ぶーぶーしてて、鼻が詰まって息できなくなるんじゃないかと思うくらいでした。レントゲンや血液検査の結果、特に肺や呼吸器系には異常はないとのこと。それから、しこりは脂肪だったそうです。それも今のところ問題はないとのこと。とりあえず安心しました。明日から抗生剤を与えて、また1週間後に病院です。
先生、「めいちゃんは、若く見えるけれど、もう12才なんですね」って、猫にも若く見えるとかあるんだ、なんて笑ってしまいました。でも、白猫は、5匹の猫の中で一番しなやかで軽やかで、ダッシュするのもジャンプも一番だし、お顔もすごく綺麗だから、確かに老猫には見えないかも。

ふうちゃんは、血糖値が少し低くなってるので、インスリンの量、朝晩4単位だったところを、朝3単位、夜4単位に変更になりました。ふうちゃんは2週間後に病院です。
ふうちゃんと白猫合わせての病院代は50,358円でした 。ふうちゃんの病院代は毎月の出費に含まれているけれど、白猫の病院代は痛い出費。でも、まあ、安心代のようなものですね。

前回の血糖調整の時、ふうちゃんは「お怒りになられた」けれど、今日は、お利口さんにしててくれたそうです。夜、お迎えに行ってお家戻った時、ふうちゃんはすぐご飯食べれたけれど、白猫は1日病院にいるってことがあまりないので、疲れたのか食欲なかったです。で、ふうちゃんは食事のあと、「ベットで一緒に寝ようよ」って、みゃあみゃあとべったり甘えたさんで、寝室に誘導してドアをしつこくカリカリ、カリカリ。「お利口さんにしてたんだからサ」みたいに・・。土曜日まで待ってね。

病院と言えば、朝、ふうちゃんと白猫を動物病院に預けての帰り、スーパーで買い物してたら、某が気胸で昨日手術したってメールがあって、えー!って感じで、映画切り上げてお見舞い行ってきました。「気胸って、20代の痩せて男前の人がなりやすい病気なんだよ」って言ったら「男前じゃねーし」って、胸からのパイプが痛々しかったけれど、まあ、元気そうでよかった。

人間も猫も健康が第一ですな。

本日のBGM≫エレファントカシマシ [暮れゆく夕べの空]
へば。ヾ(*'-'*))
21:26.......
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。